前回は、タイトルを
「戦い方」
としたのに、やさしい応対の仕方で終わってしまいました。

読んでみたら期待はずれだった

って人もいたでしょう。

でも、私もそうですが、

態度の悪いお客さんに、安くしてあげようとか、良い条件を出そうとか
思わないです。

謙虚なお客さんの方を、親切にしようと思うものです。

普通の人間ならば・・・・

しかし、それでも、中古車購入でのトラブルをたくさん耳にします。

なぜ、でしょう?

悪い業者(人間)や、知識に乏しい(レベルの低い)
そんな、販売店があるからです。
(お店全部でなくても、その中の一部のスタッフだけが、
駄目な場合もありますが・・・)




基本的に、自分が自動車屋を名乗れば、自動車屋になれてしまいます。

お客さんがいて、売る車を提供して、代金をもらえば、商売が成立します。
(どんな商売も同じ、と、つっこまないで・・・・)

中古車販売をするのに、必要な資格といえば「古物商の許可・届出」位です。
犯罪者でなければ、警察に申請するだけで、もらえる物です。

(もっとも、「古物商」も 持たずに販売している人間もいますけど・・・。)

店舗を持っている場合でも、
車を並べて、値段を付けておけば、展示場の完成です。

後は、お客さんが来れば、売るだけてす。

廃業した店舗跡 や、空き地にプレハブを置いて、
車を並べて、営業開始!
中古車屋の出来上がり
ってわけです。

もっとも、そんなお店が全部悪いって訳ではないですよ。

小さいお店から始まって、大きくなった中古車販売会社もたくさん有ります。
上記の様なお店でも真面目に営業されているところも、たくさん有ります。

何が言いたかったのかと言うと、
中古車店を始めるのには、敷居が低い(意外と簡単)という事を、言いたいのです。

先に挙げた、悪い人やレベルの低い人でも、始められる商売ってことです。
(しかし、長く続けるのは、大変です)

ある店で、気に入った車を見つけて、いざ契約となり、
オートローンを申し込みしたところ、購入した店ではなく、別の店名のゴム印が押してあった。
そんな経験のある お客さんが何人かいました・・・
それって、その店は、ローンの取扱店ではなく、別の取扱店の契約として利用させてもらっている事がほとんどです。
もちろん、そんな店から購入した車は、トラブルだらけで、
買い替えを検討していると、話されている方ばかりでした。

ローン会社から、クレジット契約してもらえない様な人が、経営してる場合も少なくないのです。

それって、かなり怪しいですよね。




はげみになります人気blogランキングへプチっとお願いします


このブログを読んで ガリバーの中古車販売 を覗いてみると、
今までと違った見方が出来るはず・・・



↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック