知っていました?
ローン金利を安く表示しているお店の
こんなからくり・・・
(前編)

前回まで、オーとローン金利を値切ってみよう!
と言うことで、
前編・中篇・後編と、
私なら、この様にして、値切ってみる。
を、シュミレーションしてきました。

現金で車を購入しようとしている方や、

銀行から融資を受けようとしている方、

安い金利を提供している車屋さんから
購入しようとしている方、

などには、つまらない内容だったかもしれません。

でも、
金利を安くうたっている、中古車販売店の中に、
実は、実際は安くない所があるので、
その、からくりについて話して行きたいと思います。

簡単に言えば、
オートローン金利以外の手数料を取っているのです。




もちろん、その会社ごとに、独自に手数料を設定する事は、
別に違法でもないし、悪い事とは思いません。

その、手数料の記載されている、
注文書(契約書)を見て、
お客さんが署名捺印している訳ですし・・・

ただ、私としては、
お客さん側が、なるべく、目に付かない(気が付かない)様に、
ワザと設定している様に思えてならない気がする訳です。

ネットや雑誌等で、諸経費についての解説を
ずいぶん目にする様になりました。

車庫証明を自分で手続きします。
名義変更を自分でします。
などと、言って、
諸経費を安く上げようと交渉してくる、
お客さんも増えました。

しかし、前記の目に付かない手数料とは、
ネットや雑誌では、解説していない項目を
独自に作成している場合が多いようです。

それを目立たなくする為か?
自社オリジナルの注文書(契約書)を、印刷しているようです。
(あくまでも、私の主観ですが・・・)

その手数料とは、こんな物です。

販売手数料
契約書(注文書)作成費用
オートローン取扱手数料
オートローン用紙作成費用
車庫証明用紙作成費用
保証料

など、があります。

言葉は多少違っても、内容としてはこんな感じです。

私の地元で、TVコマーシャルをしている
複数店舗をもっている中古車販売店の
実際の見積書に記載されていたものです。

そのお店で商談してきたお客さんが、
私の会社にきて、商談した時にみせてもらったのです。

私の会社と比較した、そのお客さんは、
当社の場合、登録費用と車庫証明とセットで¥28000-を頂戴しているのですが、

私の会社は高い!と言われまして・・・
先のお店ではいくらだったのですか?
と聞いてみると、¥15000-とのこと、

地元の業者の間でも、諸経費が高いので有名なお店だったので、
お客さんの話が信じられず、お願いして注文書を見せてもらった訳です。

そこで、先にあった手数料に気が付きました・・・

確かに登録費用は¥15000-
でも、私の所では言葉も聞いたことの無かった、
販売手数料が¥20000-でした。

その他、私の会社では
注文書の項目にも無いその他の費用

契約書(注文書)作成費用¥10000-
オートローン取扱手数料¥20000-
オートローン用紙作成費用¥20000-
車庫証明用紙作成費用¥10000-
保証料 ¥45000-

先の販売手数料と合わせると、¥80,000-もの手数料を計上していました。

ちなみにそのお店は、オートローンの金利も安く提供している事を、
看板にも記載していましたが、

私のみせてもらった見積書には、金利のパーセントは記載されて無く、
計算したら、看板に記載されている金利より3パーセント高い金利でした。

お客さんに金利の違いを指摘したところ、私の目の前から携帯電話で確認の電話をいれていました。

先のお店の答えは、100万円以下の車の場合は、看板に表示してある金利より、
高い金利になる。と言う返事でした。


次回に続きます・・・



自動車ローン関連人気記事
自動車ローン以外を使って、分割で車を買う方法


姉妹サイトリンク
自動車ローン攻略
(スマホと携帯に対応しました)






姉妹サイト 自動車ローン攻略 人気記事


自動車ローン・何件か審査に落ちた人に提案

ローンが組めない、 保証人がいない場合どうする?

自動車ローンが通らない原因とは?

自動車ローンが通らない時はどうすれば良いの?

ローン支払い中の車を売りたい


あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします







↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック