知っていました?
ローン金利を安く表示しているお店の
こんなからくり・・・
(後編)

前回の・・・

オートローン金利以外の手数料を取っている・・・。
わざと目立たないように、契約書に記載しているのでは・・・

の続きです。

100万円以下の注文に対しては、高い金利に変わる・・・
を、前回お話した所で、今回に引継ぎました。

携帯で金利の事を聞いたそのお客さんから、聞いたのですが、
金利について問い合わせ中も、
「電話では説明するのも、何ですから・・・お茶でも飲みながらゆっくり説明しますので、どうぞお店にいらして下さい」

と、何度も言われて、実際の金利の事は、なかなか返事はもらえなかったそうです。




そのお客さんは、先の車屋さんに対して怒っていたようですが、
私の意見としては、
詳しく質問しなかったお客さん側に責任があると思います・・・
(と、言うと冷たいかもしれませんが・・・)

このお客さんの例では、
ローンの金利は、全て同じだと思い込んで、確認をせず、

その他の手数料に関しても、
どこの車屋さんでも、必ずもらう手数料だと、
これについても思い込んで、
確認をしなかった事に、責任があると私は思う訳であります・・・


皆さんに、知ってもらいたいのは、
ネットや雑誌で、
こんな手数料がかかりますよ・・・
と、紹介している事がありますが・・・

私が、もし、手数料に関しての記事を書くのなら・・

紹介している手数料は、代表的なもので、
車屋さんごとに、独自の手数料を決めている場合がありますので、
自分で、確認し納得の上で、契約して下さい。
と、付け加えて書くと思います。

そして、但し書きとして、

中古車の販売に関しては、法定費用以外の手数料に関しては、
法的にも、決められている物はなく、
どんな手数料を設定しても、販売店の考えに基づくもので
販売店の自由であることを納得されて下さい。

と、でも付け加えてみると思います。

しつこい様ですが・・・

中古車販売に関して、どの様な手数料を取っても、
たとえそれが、お客さんが気付きにくい様に、注文書に印刷されていても・・・
そのお店の自由です。

「ローン取扱手数料を取るなんてひどい!」
とか、
「なんで、ローン用紙を作成するのに2万円も取るんだ!」
なんて、怒っても、
それも、そのお店の自由です。

もし、あなたの欲しい車を置いている中古車販売店が・・・

あなたの納得出来ない手数料を設定していたり、
納得できない金額でも・・・

安くして欲しいと、商談はしても、
「なんで、そんな料金をとるんだ!」
とは、言わない方が言いと思いますよ・・・

私なら、絶対言わないと思います・・・


手数料などに、納得できなければ、

私ならどうするか?・・・

お客さんの立場としての、最大の抵抗である、

「購入しない!」

私なら、そうするだけです。

今、商談していて、見積書を持っている方・・・

もう一度見直してみてはいかがでしょうか?


自動車ローン関連人気記事
自動車ローン以外を使って、分割で車を買う方法


姉妹サイトリンク
自動車ローン攻略
(スマホと携帯に対応しました)






姉妹サイト 自動車ローン攻略 人気記事


自動車ローン・何件か審査に落ちた人に提案

ローンが組めない、 保証人がいない場合どうする?

自動車ローンが通らない原因とは?

自動車ローンが通らない時はどうすれば良いの?

ローン支払い中の車を売りたい


あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします







↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック