銀行ローンの場合も確認・・・

知っていました?
ローン金利を安く表示しているお店の
こんなからくり・・・

を、2回に渡って紹介して来ました。

ちょっと足りない部分もありましたので、
今回は、補足説明をさせて頂きます。

金利の方式にも、
実質年利アドオン方式とありますので

同じ金利のパーセントを表示していても、
支払う金利は全然違います。

また、銀行のマイカーローンの場合も、

TVコマーシャルなどで表示している金利は、
給与振込みや、公共料金の支払い口座にその銀行を使っている必要がある。
など、色々な条件があって、
条件を満たしていないと、たいして安い金利でなくなってしまう場合が
多く有ります。

また、その銀行のクレジットカードを作らせられたり、
ローンカードを作らせられたりする場合も
かなり多いようです。
銀行系のクレジットカードは、年会費がありますし、
(年に1500円程度が多い)
銀行のローンカードも年会費があったりします。
(数千円も取る場合もあります)

そして、金利の他に保証料を取られることも、
少なからずあるようです。

ローン会社の金利は高い!
銀行・ろうきん・農協は、金利が安い!
と、最初から決め付けずに、
また、
表示してある、「○○パーセント」
の、数字で判断せず・・・

前回もお話した様に、
思い込みをしないで、
金利や手数料の全て含めた

全額の数字を見てみましょう!

しつこく言います!
「全額ですよ!」




・・・・私なら、銀行でローン相談する時に・・・・

私・「金利はいくらですか?」

銀行員・「○○パーセントです」

私・「支払い終了までの金額はいくらですか?」

銀行員・「金利は○○○○円です」

私・「金利以外の保証料や手数料も全て含めた支払い総額はいくらですか?」

銀行員・「全ての金額は○○○○円です」

私。「それ以外は1円も掛からないんですね?」

銀行員・「はい・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この位のしつこく、私なら聞いてみると思います。

車屋さんの店頭で、オートローンを組む場合も
同じ様に聞いてみます。


実際私が、店頭で商談する場合、
金利のパーセントを気にするお客さんは多いのですが・・・

実際の支払い金利の金額を、質問してくるお客さんは
ほとんどいません・・・

自分の大切なお金を使う訳ですから、
恥ずかしがらずに車屋さんでも銀行でも、
実際に支払う金額を聞いてみましょう。


・・・・今回のポイント・・・・

車屋さんでのローンを使った総額を聞いて、

銀行で融資を受けた場合の総額も確認して、

両方を見比べて、得な方を使う様に・・・

私なら、面倒でも比較してみると思います。


自動車ローン関連人気記事
自動車ローン以外を使って、分割で車を買う方法


姉妹サイトリンク
自動車ローン攻略
(スマホと携帯に対応しました)






姉妹サイト 自動車ローン攻略 人気記事


自動車ローン・何件か審査に落ちた人に提案

ローンが組めない、 保証人がいない場合どうする?

自動車ローンが通らない原因とは?

自動車ローンが通らない時はどうすれば良いの?

ローン支払い中の車を売りたい


あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします







↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック