私がガリバーから、中古車を買う・・・?No.3


現在、ガリバーで買取した中古車は、どこに行っているか?

大きく分けると、3つのパターンがあります。

ひとつは、ガリバーで始めた業者オークションに行くパターンです。
GAOオークションという名前になっています。
GAOオークションに出品されて、会員になっている業者に落札された後に、業者の所へ行きます。

GAOオークションは、ガリバー本部で運営しているオークションです。
落札手数料などは、本部の売り上げになっていると思います。
GAOオークションには、今の所、ガリバー加盟店のみが出品しています。
ジーパス店は出品出来ません。
ですから、純粋に買取した車両が出品されていると思います。
(個人は購入できません)

2つ目は、
元々ある、業者オークション各社に、各ガリバー加盟店が独自に出品して、売っています。
私の会社が出品するのと同じ条件です。

3つ目が、
ガリバーが直接販売する、パターンです。
店頭に、値段を表示して売っている場合もありますが、
ほとんどは、インターネットを利用しての販売になっているようです。
それというのも、ガリバーで買取した車両は、
全て一度は、この在庫システムにデータを登録して、
ジーパス店を含めたガリバーの加盟店の、共有在庫として、
今回話している、ガリバーのホームページ等で、購入出来るようになっています。

こちらも、GAOオークションの出品車と同じく、
ガリバーで現金買取した車両であると思われます。

では、なぜ実物を置いている場所を、掲載しないのか?

それは、ガリバーならではの事情があるのです。




前にも少し触れましたが、
ガリバーという会社自体は、車を売ることで利益を上げている会社ではない、
という、フランチャイズならではの仕組みがあります。

前回、ガリバーが、生まれたエピソードを少し話しましたが、
設立当初は、直営店もありましたので、今も、何店舗かは、直営店があると思いますので、
それを、除いた話だと思って下さい。

ガリバーは、車買取からスタートしましたが、
現在は、CM等で、
「車のこと、ガリバー」
と、言っているように、車のこと全てを網羅しようとしているようです。

販売に力を入れるのは当然で、
普通のパターンなら、車を売りたい人=乗り換えをしたい人な訳ですので、

買取の商談中に、次に乗りたい車は、どんな車か?
お客さんに教えてもらい、
ガリバー全店で在庫している中古車の中に、
お客さんの希望の車があれば、「いかがでしょう?」と、購入を勧める・・・

ここに、目を付けるのは、自然な流れと思います。

しかし、このパターンだけでは、
買取の商談に来た店に、希望の車の在庫がある確立は非常に少なく、
ほとんどの場合が、別のガリバー店舗にある在庫を勧める事になるでしょう・・・

どこに置いてあるのか?お客さんに知れてしまえば、
お客さんが直接、置いてある所に、買いに行ってしまう可能性があるので、
それでは、勧めたお店で車は売れず、直接お客さんが買いに行ったお店の利益になってしまいますね。

ライブドアオートのように、直営店の場合は、どこの店舗で売れても、
全体の利益になりますので、問題がありませんが、

フランチャイズ形式のガリバーでは、それぞれの、お店が独立採算制ですので、
購入を勧めたお店で、お客さんに買って頂かないと、
いずれ、購入を勧めるのがバカらしくなってしまっては、
中古車販売の方の業績は上がらなくなってしまうことが予想されます。

どのお店にも、均一に販売の機会を与えるシステムでなければ、 加盟店に辞められてしまう事も想定しなければならないと思います。

その為に、販売出来る、在庫車のデーターは、
お客さんにはどこにあるのか?知られないようにする必要がある訳です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ガリバー店や、ジーパス加盟店に行くと、
ホームページでは見れない、キズなどの詳細もデーター化した、
車の詳細を、一般のお客さんも見ることができます。

業者オークションの出品リストの様な物が見れるのです。

そこで、客さんにも実際の車を見るのに近いとアピールして販売するわけです。

私の個人的な感想では、
このリストに本当の事が記載されているのなら、
お客さんの側としても、実物を見る事の出来ない車を、購入したい時に、
電話で問い合わせて、スタッフの説明だけを聞いて購入するよりは、はるかに良いシステムだと思います。

ただし、このシステムも、キズなどを記入しているのは、それぞれのお店の自己申告のようです。

売りたい一心でウソを記入していない事を、祈っています。
(この見分け方も、後で紹介しますね)

このオークションリストの様な詳細データーも、
ホームページから、一般の人も見ることが出来れば良いのに・・・
と、思う方もいると思いますが、

そうすると、ガリバーの店舗にお客さんが行く機会が減ると思われますので、
フランチャイズ形式をとっているガリバーは、
なるべく、店舗に行ってもらわないと、困るわけですので、
ホームページで、詳細リストが見れる様には、今後もならないと思います。

では、このガリバー買取車を、私が購入するなら・・・は・・・


次回へ続く・・・




あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへプチっとお願いします


←前の記事  次の記事→


目次・トップページ



カーセンサー
中古車情報誌の老舗、全国20万台中古車検索

ガリバーの中古車販売
ブログ内容を参考に、車を検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック