今回は業者オークションを通さないで流通している車の事についてお話します。


古くからの業界人には、タイトルから内容が想像出来る位、
常識的な事です。


しかし、前にもお話しましたが、業者オークションを中心とした、
一部の中古車の流通経路しか知らない人たちが、それが全てと勘違いした情報を、
特にネット上で、あらゆる所で書き込みしていますので、


読者の皆さんに、この情報も知ってもらいたくて、お話させて頂きます。



 安いと言われているディーラーの下取りですが、
前回、安くない場合もたくさんあると話をしました。


もう一つ、ディーラーには、高く下取りしても大丈夫な理由があります。
それは、自分の所で中古車を販売出来るからです。


トヨタのディーラーなら、地方でもかなり大規模な中古車展示場をもっています。


そこに展示されている中古車をディーラーはオークションで仕入れているのでしょうか?


もちろん、一部はオークションからも買っていますが、大部分は下取りや、T−UPで買取された車が並びます。


わざわざ、下取りした車を業者オークションに出品して、処分し、
展示場に展示するする車を業者オークションから落札して展示する・・・・


こんな事をする必要が無いのは、容易に想像出来ますよね。


しかし、オークション代理店では、この話をしない所が多いようですね・・・
自分の所のメリットをお客さんにセールスする為に、伏せているのか?と思っていましたが、
以前にもお話した様に、業者オークションを通しての流通しか知らない業界人が、 かなり増えているのが理由かと思います。


現在でも、新車を買って、次にも新車の乗り継ぐお客さんの大部分は、新車を買うときに、
ディーラーに下取りに出す事が、多いようです。


オークション代行店に、業者オークションに出品して売ってもらうより、
圧倒的に多いのです。




中古車から中古車に乗り継ぐ人より、


新車から新車へ乗り継ぐ人は、


金銭的に裕福な場合が多いと考えられます。
(もちろん、全ての場合ではありません)


ディーラーは、車だけを売っているのではありません。


特に、ヤナセやレクサスは、ステータスも売っているのは、ご存知の方も多いですよね。


お客さんの中には、値段で売買を決める人ばかりではありません。


たとえ、ディーラーの下取りが安くとも、ディーラーに下取りに出す人も大勢います。


値段よりも、ディーラーからの手厚いサービスやステータスを購入するためです。


金銭的に余裕のある人たちが、ディーラーで新車を買って、車検やメンテナンスも全てディーラーに任せる。


車検の時も、消耗品などもディーラーの勧めるままに、交換する・・・・


そんな手入れの良かった程度の良い車は、そそままディーラーに下取りされる場合が今でも多いのです。


ディーラーは、下取りした後、車を選別します。


事故車や過走行車などは、業者オークションに出品し、
売れ筋の、程度の良い車は、もちろん自分の所で中古車として展示販売する訳です。


(程度の良い車を、業者オークションに出品する事もありますが、それについては後でお話します)


ネット上の書き込みで、業者オークションには程度の悪い車ばかりが出品されている・・・
との、するどい指摘をされている方を何人かお見かけしました・・・
今回、私がお話している事を指摘されているのでは?と思っております。


しかし、ディーラーは運営するのに、かなりの経費が掛かるのは、
皆さんがご存知の通りです。


ディーラーで下取りした、程度の良い車を安く買うことは出来ないのか?


と考える人も当然いますよね・・・・


中古車ブローカーの決まり文句のひとつに、


「どこかの車屋に展示してある車が気に入ったら、私に言って下さい、 業車価格で車を引っ張ってきますから」


と言うのが、あります。



ディーラー以外の中古車屋さんなら、ブローカーに卸売りする事も珍しくないでしょうが、
ディーラーに、業者販売(卸売り)して欲しいと、話しても、
コネがなければ、断られるか、 高い金額を提示される事でしょう。


でも、このディーラーで下取りされた、程度の良い車を、 ディーラー以外の所で安く買うことが出来るのです。


この事も知らない、業界人が多いようです。


この話は、次回ご紹介します。




はげみになります人気blogランキングへプチっとお願いします



←前の記事  次の記事→



このブログを初めから読む場合はこちらからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック