前に予告していました、ディーラーで下取りした、程度の良い車を
安く買える方法を、お話します。  参照→


私は、地方都市にいる・・・のですが、
私のいる地域の新車ディーラーで、一番台数を多く売っていると思える、
トヨタカローラ店でも、下取りした車のほとんどは自社の中古車センターに展示するか、
売りづらい車は、オークションに出品してさばいていると思います。


人口から考えても、それでさばき切ってしまう位の下取り台数と思われます。


私が指摘している、中古車は業者オークションを通して流通している事しか知らないで、
それが全てだと思い込んでいる人が多いのも、地方の流通しか知らない場合は仕方のない事だと思います。


しかし、全国的には、ものすごい台数を下取りしているディーラーが何件かあります。
たとえば、神奈川県のディーラーは、地方に比べると驚く位の台数が下取車として入っています。
特にトヨタ系のディーラーはかなりの台数が入っていると思います。


もちろん、神奈川のトヨタ系ディーラーでも中古車センターを持っていますし、
下取車も、良いものはそこに展示されます。
売りづらいと判断された車は、もちろん、業者オークションにも出品されます。


しかし、私がご紹介したいのは、この間に入る中古車販売店がある事なのです。




神奈川県のディラーを例に挙げましたが、その他にも、ミリオンセラーディーラーと呼ばれる、
大量の台数を売買しているディーラーが、全国には何社か、あります。


そのディーラー各社が現在のように、業者オークションが全盛でない15年から20年前までに、
自社で販売しきれない下取車を、卸売りする中古車販売店を全国に持っていたのです。


そして、今でもそれらの中古車販売店に、下取車を卸売りしています。


どんな車が、それらのお店に卸売りされるのでしょうか?


一例を紹介すると・・・


たとえば、ディーラーの下取車の中で、バンパーにちょっとしたキズがある場合、
大手ディーラーでは、それにお金を掛けて、補修して展示しないで、
何も補修しなくて良い車だけを手元に残して、ちょっとした補修の必要な車は、
契約を結んでいる中古車販売店に卸売りします。


一台ごとにはわずかな補修金額でも、多くの台数を扱うディーラーでは、
全体では、かなりの出費になってしまいますし、
補修をしても売れなければ、損金になってしまいます。
そのリスクを負うなら、展示に少しでもお金が掛かる車は一律に卸売しまった方がメリットが有ると判断して、 卸売りされる訳です。

また、4WD車などは、東北などの雪国の方が売りやすいとの判断で、
東北の中古車販売店に卸売りしたりするのです。


こうして、ディーラーから卸売りしてもらった方の中古車販売店は、
補修をかけたり、クリーニングしたりして自社の展示場に展示する訳です。


そして、現在もディーラーから直接卸売りしてもらっている中古車販売店は、
全国にたくさんあるのです。


ディーラーは卸売りも高いだろうから、業者オークションから仕入れた方が安くて良い!


と言いたい業者さんもいるでしょう・・・・


しかし、前にも話した通り、新車から新車に乗り継いでいる、優良車の代名詞
ワンオーナーカーや整備記録付きの車
が、豊富にあることや、 卸売りされる値段も高くはないのです。


その理由などを書くと、また、何日も掛かってしまうので、
ここでは触れないでおきます。


では、このディーラーから卸売りしてもらっている中古車販売店から、
購入するメリットは・・・・お話するまでも無いかも知れませんが、


ディーラーよりも経費が少なく、安く買える事がメリットなのです。


では、この、ディーラーから卸売りしてもらっている中古車販売店は
どうやって見つけるのでしょうか?


次回、ご紹介します。




はげみになります人気blogランキングへプチっとお願いします



←前の記事  次の記事→



このブログを初めから読む場合はこちらからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック