最近見かける、買い換え時の下取りに関して紹介しているサイトは


次に乗る車を買う車屋で、下取り金額を聞いてから、
買取店を回りましょう!


そして、買取店を競争させて、一番高い所に売りましょう!
それが、一番高く車を売る方法です・・・・


こんなパターンが多いようです・・・


買取店側から見た場合、こういう表現になるのです。


なぜなら、文章をよく読んでみると、結局、買取店に車を売るのを勧める結論になっています。


買取店の事しか知らない、部分的な情報と思います・・・


また、この様な事も言っている場合が、多くあるようです・・・
車屋が、もし下取りを高く言う場合は、言葉のマジックで、値引きの部分が多いだけで、実際の買取金額は高くありません。
これも、買取店やオークション代行店側から見た、部分的な情報と言えるでしょう・・・




文章の意味は、車屋は、決して高くは下取りしないと決め付けています。
ほとんどの、買い取りチェーン店や、オークション代行店グループなどの、フランチャイズに加盟すると、その本部は、車屋の下取りは安い、 と加盟店に説明するから、それを信じてしまっているので、その様な事を言っていると思います。


でも私なら、車の買い替えをするなら、 最初に中古車買取店を回ります。
と言うか、今はネットで簡単に査定を申し込めるので、まずはそれを利用します


実際に車を見ないと、査定金額が出せないと言われたら、今は買取店側が出向いて査定に来てくれる便利な時代なので、 どんどん見にきてもらいます。


時間的に、休日などがつぶれると嫌なので、出来る場合なら勤め先に来てもらう方が良いかな・・・なんて考えます。


しつこいセールスを、されるかもしれませんが、それも覚悟の上です。
もちろん査定してもらう時に、別の所にも査定してもらっている事は話をします。
そして、次に乗り換える車は、これから探す事も、聞かれたら答えます。


高い査定金額を引き出したいからといって、嘘はつかない様にします。
(嘘をつくと、後でつじつまが合わなくなってかえって面倒になる事もあるので・・・)


しつこいセールスを怖がっていては、どっちみち、良い買い替えが出来るとは思えません


嫌なら嫌、良いなら良い、分からない事は、知ったかぶりせずに質問する、
質問の答えは、一件からの答えで信用しないで、何件にも同じ質問をしてみる・・・・


車の買い換え時に、一番重要なのはお金の事ではないでしょうか?


最初に紹介した、買取店側から紹介している買い替えパターンでは、
重要な下取り(買取)金額は、後から調べる様に勧めています。


私なら、まずは、自分の車がいくらになるか?
それから、次に乗る車の予算を決めていく方が、計画的だと思います。


私の今回勧めている方法では、買取店側から、
「今売るならこの値段で買取しますが、後になると金額は減りますよ・・・」
的な事も言われると思いますが、
自分が今乗っている車のだいたいの値段の想像が付くのは間違いありません。


そして、大体の予算を決めて、車を探します・・・・


そして、次回へ・・・・・つづく・・・・


 



楽天も車買い取りに力を入れて来ています
(独自のメリットがあります。詳しくは↓)
楽天の一括査定でもれなくポイントゲット!







多過走行車を 高く売るコツ


輸出業者に高く売れる車種どうか?
事前に情報を集める事です。


↓詳しくは以下の記事を参考に


過走行車・古い車・ 売れないと思わないで


中古車買取店攻略! 商用車は高く売れる!


解体料を請求されたら 損しないこの方法


車を高く売る為に 言ってはいけない・・・事


姉妹サイトの人気記事です


車を高く売る交渉術    車を高く売る7つのステップ 




 お盆中ですので、ドライブ等にお出かけになる方、
事故には十分注意して下さいね。


特に高速道路で停まってしまう場合・・・・
追突される恐れがあります。


高速道路では、車は走っているもので、停まっているのは予想外のことなのです。
渋滞以外のトラブルで、停車する場合は、追突されるのは当たり前だと思って、
同乗者は、道路の外に非難するのが間違いありません。


危険は、自分にもありえるモノだ! と思って行動するのが、良いと思います。


はげみになります人気blogランキングへプチっとお願いします



←前の記事  次の記事→



このブログを初めから読む場合はこちらからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック