購入後の保証について、お話していましたが・・・・・


このブログでも一番アクセスの多い記事は、走行距離の改ざん(メーター戻し)についてです。


今日の仕事中に、お客さんと商談していて、気になる事がありましたので、
今日はメーター戻しについて、お話したいと思います。


プロの車屋も気が付かないで、 業者オークションから走行距離メーターを戻した車を落札してしまう事があるので、 その事を中心に、どうやって対処するか?についてもお話していきたいと思います。


今回のお話は、もちろん悪い業者が、 儲けるために行う事なのですが、

メーターを戻している車にも関わらず、


業者オークションの検査員も気が付かず



落札した業者でさえ、 知らないで落札してしまうので、


最終的には、 何の罪のない一般のお客さんも、 気が付かないで買ってしまう・・・
という、非常に悪質な事なのです。


しかも、私が見ている範囲では、最近は特に増えてきていると思います・・・・


オークション会社は、走行距離を確認する手段を持っているので、ありえない事だ!


と、異論を唱える人(車屋)も、いると思います。


確かに、現在は、オークション各社がデーターを共有して、
一度オークションに出品した時の走行距離を、車体番号と合わせてデーターを残しています。


一度オークションに出品された事のある車は
前に出品した時の距離より少なくする事は、出来なくなりました


しかし、こんなメーター戻しは可能です。
例えば、
3年前に、5万kmの時に出品された車で、実際は、3年間に3万kmを走行し、合計8万kmの車なのだが、 1万kmだけ走行距離メーターを戻して、7万kmの車として出品する事は、可能です。


可能ですし、メーターを戻した事を、オークション会場で、見抜く事はほとんど不可能です。



例にあげた手口で出品された車を、優良な車屋が落札した場合でも、
不正を見抜く術が無いばかりか、気が付かないまま販売されてしまう事でしょう・・・・




これを逆に、利用する事が、多い訳ですが・・・


一般的な手口なので、省略しようと思いましたが、
知らない人がいる事も考えられるので、
念のため紹介します


ただ、やみくもにメーターを戻すのではなく、以前のオークション出品時の走行距離を調べて、その時の距離より、 微妙に多い距離まで戻す・・・と言う手口です。


例えば2年前の出品データーが3万kmの車で、1年後の走行距離がちょっと多く走って、本当は5万km・・・
でもこの車の走行距離を、3万km以下にさえしなければ、不正は見抜けません・・・・


実際に、中古車販売店が売れなくて、1年以上も在庫車にしている事もありますので、 以前の出品時の距離より少なくなければ、大丈夫な訳です。



業者オークションの、出品リストだけを見て落札すると、こんな出品車を気付かずに落札してしまう事があります。


実物を見ても、分からない場合も多いです・・・・・・


しかし、上記のパターンはまだ序の口なのです。


もっとメーターを戻しても


不正を気付かれない車があります。

その事と、対処については、次回に紹介していきます。





あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






ネットオークションも生き残りをかけて・・・←前の記事 

次の記事→こんな車を買ったら、最悪・・・


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote