オイル交換をきちんとしていない車の見分け方を紹介しています。


前回は基本的な事を、 お話しました。前回はこちらから→


今回は、もっと突っ込んで、詳しく紹介して行きます。


前回お話した、基本的な事の次に確認し易いのは、


排気ガスを見る という事です。


理解して頂くのに、ガソリン車を例にオイルの役目を話すところから紹介していきます。


オイル交換を怠っていると、どんな不具合が起きるか?


エンジンオイルは、エンジン内部でどんな役目をしているか?
ご存知の方には、今更お話する事でも無いでしょうが、女性の読者もいらっしゃいますので、
簡単な事から、紹介して行きます。


エンジン内部は金属で出来ていて、金属同士がこすれ合う部分が多くあります。


一番重要なオイルの役目は、このこすれ合う部分の摩擦を円滑にさせる事です。


そして、金属同士の摩擦ですり減っていく磨耗を少なくしていく、役目も担っています。


分かりやすい言葉で言うと、
金属と金属がこすれ合う部分にオイルが付いて、
動きをスムーズにしたり、すり減ったりするのを抑えたりしています。
って事です。



上記は、かなり多くの方が理解していると思います。


次の役目は、なんとなく、そうかなぁ〜・・・ ってレベルで理解されている人が多いのではないでしょうか?


それは、 エンジン内部を密閉しているという事です。


(分かり易いように、イメージ的な表現を使ってお話します)


エンジンにも構造上、つなぎ目があります。
そのつなぎ目にはパッキンが使用されていますが、
永遠に漏れが発生しない訳ではありませんし、
ミクロの世界では、そのパッキンとの間にも
厳密には隙間があるのです。


そのミクロの隙間にオイルが入って、
圧縮空気や燃焼ガスの吹き抜けを防止する・・・
そんな役目もはたしています



そしてもう一つ、オイルの役目と言うか、
オイル交換の目的である、重要な事、これを理解していない人が多くいます。


それは、 エンジン内部を掃除すること です。


皆さん、エンジンオイルが汚れる事は知っていますね。


でも、エンジンオイルが汚れる、この汚れって何でしょう?


エンジンは、密閉されているのですから、
ゴミや汚れが、外から入ってくる事はないでしょう。


汚れは内部で発生している事になりますね。


エンジンオイルの汚れには、金属が磨耗した時のカスが入っているのです。


簡単に言うと、エンジンの中のすり減ったカスが
ゴミとして、オイルに混ざるって事です。


厳密に言えば、
燃焼で生じたカーボンや、
オイル自身の劣化でスラッジという物も
含まれて、全体の汚れになります。



エンジンオイルの役目は他にもありますが、それは後日紹介します。




そして、今回のオイル交換をしていない車の見分けるポイントの話へ入ります。


排気ガスを見る


という事でした・・・それを理解してもらうには、オイルの役目を話す必要があった訳です。


オイルの役目で、今回紹介した事を、オイル交換しないとどうなるか?
そこから、答えが出てきます。


オイル交換を怠ると・・・

潤滑が悪くなる(劣化している為)

摩擦が激しくなり金属カスが多く出る

汚れたオイルが本来の役割を果さない

密閉能力が落ちる



↑こうなります。
すると、本来混入すべきではない、ガソリンを燃焼する部分に、
オイルが混入してしまうのです。


そうすると、オイルが燃える事で、
白や、灰色ががった排気ガスが出るという症状となって現れます。


エンジンを掛けてすぐに出る場合と、
掛けてからしばらくして、エンジンが暖まってから出る場合と、2通りのパターンがあります。


オイルが上がった場合と、
下がっている場合とで違うのですが、
説明すると、長くなってしまうので、
ここでは、省略しますが、
どちらもメンテナンスを怠った為に起きるトラブルと記憶していて下さい。


  • 最終的にはエンジンがパーになってしまいますが、
    そうなる前にも、エンジンの力が無くなったり、
    オイルが1000km走行ほどで、規定量より少なくなってしまったりして、
    オイルを足しながらでないと走行出来なくなったりします。
  • オイル交換を怠ると、発生するトラブルはこれだけではありません。
    今回の例は、廃棄ガスに関連した物だけを紹介したに過ぎません

展示場で、車を選ぶ時には、ぜひエンジンを掛けて、
排気ガスをチェックしてみて下さい。


ターボ車は特に念入りに排気ガスをチェックして下さいね。



既に、この症状になってしまっている人の為に、どうするか?
ちょっとアドバイスをすれば・・・・

私のお客さんが、こんな不具合に、既になってしまった時に、
私は、まず、添加剤を入れてみる事を勧めています。


実際に、何台も預かって作業してきましたが、初期症状の時は、
なかなかの効き目が感じられました。


もちろん、 末期症状のエンジンには効き目はありませんでした。



楽天にいつも私が使用する商品が無いか?検索してみると、
やはりありました。


バーダル リングイーズ という商品です



BARDAHLってアルファベットの方がなじみがあるのでは?


写真と一番安かったページのリンクを貼っておきます。


最安値のページはこちらバーダル リングイーズ

同じバーダルで、
エンジンチューンナップフラッシュ


という、商品もありますが、
予防的に使用するには良いのですが、
オイルが燃える症状が出てからは、
使用しない方が良いと思います。
(あくまでも私の経験からの判断ですが)


症状が出るほどの、状態のエンジンには、
洗浄力が強い為に、付着していた汚れに馴染んでいたエンジンが、
汚れが落ちてしまう事で、隙間が出来るのか?
というか、ガタが発生してしまうのか?
症状が悪化してしまった事が何度かありました。



オイルが燃えるようになってしまってからなら、
バーダル リングイーズ の方が、良い結果を出してくれました。




あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへプチっとお願いします


車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法


前の記事←  次の記事→
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック