遠方から車を買う場合について話しています。


前回から続いております。


今回は、
電話で、車の状態を聞きだす・・・


リスクを減らすキーワード


と、題してお話をして行きます。




電話で、中古車販売店に問い合わせた時に・・・


たとえば、バンパーの角にキズが有ったとします。


中古車販売店のスタッフから、


「バンパーの角にこすりキズがあります」
「気になる人には、気になるキズだと思います」
と、言われるよりも、


「バンパー角に、幅2mmほどで長さ5cmのキズが5本ほどのこすりキズがあります。」
「キズの深さは2mm位の物ですので、すこし目立つかと思います」
と、言われると、
具体的にイメージできると思います。


お客さんの側から何も言わずとも、
後者のように説明してくれる
中古車販売店だと良いのですが、


販売店側も、
車の悪い所は説明したくないものです。


ですから、
悪い車屋になると、
「バンパーに目立たないキズがあります」
なんて、説明してしまうと思います。
(キズを全く言わない場合もあるでしょうね・・・)



ですから、
皆さんが、キズの程度を聞く場合は・・・


「バンパーにキズがあります」
と、言われたら・・・


  • キズはどんなキズでしょうか?
  • こすったキズで、線キズですか?
  • 塗装がはがれているキズですか?
  • 線キズなら、何本位のキズでしょうか?
  • キズの深さはどの位でしょうか?

などと、
車屋さんが具体的に答えが出来るような
質問をするのが良いと思います。


しかし、あまりしつこいと敬遠されると思います。


しかし、面倒くさがって、あいまいな答えを返してくるのなら、
その中古車販売店からは、
車を買うのを止めた方が良いでしょう・・・


購入後の、対応も、面倒くさがられてしまう事でしょう



前回、 私が遠方から問い合わせを頂いた場合、
電話で、車を見ながら説明するようにしている・・・
と、お話しました。


あなたの方から、
電話で問い合わせて、
「私が車を見に行ければ良いのですが、見に行けないので・・・
すいませんが、車を見ながら説明してもらう事は、お願いできませんか?」
と、頼んでみるのも、効果的です。


その時に、
バンパーはどうですか?
後のドアはどうですか?
運転席のドアはどうですか?
ボンネットはキズはありませんか?
などと、


自分が車を一周しながら見ているイメージで
細かく質問してみましょう。



キズは目立ちますか?
目立ちませんか?


などと、人の気持ちが入る質問はしないようにしましょう


説明されている時に、
「キズがあります」
と、言われたら、


キズの種類
キズの大きさ
キズの深さ


と、具体的な数字で答えてもらえる様に質問するのがコツです。


内装も同じです。


そして最後に、


キズが無い状態に板金塗装を、
別途料金でお願いした場合、
いくらでやってもらえますか?


と、質問(見積を依頼)してみましょう。


中古車販売店側も、
板金塗装の金額を聞かれると、
いい加減な金額は答えられません。


もちろん、追加金額を支払いますので
キズを直して下さい。
と、頼まれれば、


答えた金額で、板金塗装を受けなくてはいけないからです。


今回、
リスクを減らすキーワード
と、題しましたが、


キーワードは〇〇〇と、はっきりさせませんでしたが、
何がキーワードだったか・・・・
分かりましたか?


キーワードは2つです。


次回まで、宿題にしてみます。




あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへプチっとお願いします


←前の記事  次の記事→


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法


新車・中古車・検索・比較 サイト 自動車検索・比較サイトを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック