中古車を、遠方から購入する場合について
私の考えと、私ならどの様にするか? について
紹介して来ました・・・


まだまだ、お話したい事はたくさんあるのですが、
それは、後々ご紹介する事にして、


別の話題もお話したいので、
いったん、一応のまとめをしたいと思います。




ここまで、紹介した事を合わせて
  順番に、段取りを紹介していきます。


  1. 輸送費を含めても予算内に収まるか?
     確認してから、問い合わせる。

  2. 押し付け営業を避けるために、
     ネットで見積を依頼する

  3. 輸送費プラス見積の合計を考慮しても
     それでも欲しいか?考える

  4. それでも欲しい場合は、
     電話で問い合わせる。

  5. 電話では、遠方からでも欲しい理由を伝え
     現車の状態を、謙虚に質問する

  6. 質問は、具体的に、数字で答えてもらえる事は
     数字で答えてもらう。

  7. あいまいな返事をする、中古車販売店なら、
     購入しない方が、得策。

  8. 可能であれば、メール等で、画像を送ってもらう

  9. 外装のキズや、内装のキズは、修理した場合の
     具体的な金額を、見積してもらう。

  10. 納車後の、保証の対応を、具体的に質問する。

  11. 購入後に、事故車である事が判明した場合、
     返金に応じてもらえるか?
     返金はいつになるか?
     確認する。

  12. 約束してもらった、保証について、
     契約書(注文書)に、明記してもらえるか?
     必ず、確認する

  13. 全てを納得した上で、購入する。

そして、ここまでやっても、現車を見ていない場合、
有る意味、賭けであると思います。


人それぞれ、価値観が違いますから、
届いた車が、期待はずれの場合でも、
自己責任と、納得できる人意外は、
購入を見送った方が、無難だと思います。


納得できる人は、
中古車を探す、選択肢が広がりますね。




中古車検索サイト


  • カーセンサー
     Yahoo!の中古車もここのデーターです
     情報量が豊富です。リクルートが運営

  • GOO− Net
     車情報誌として小規模の中古車販売店の
     在庫情報が豊富 。
     
  • カッチャオ
     ローカルに強いと私は分析しています。
     意外と、掲載台数が豊富です。

  • ガリバー中古車販売
     買取した車の情報を、すぐに公開

  • カービュー
     在庫車検索は、 正直アクセスは多くないようです。
     逆に言えば、ねらい目かも知れません

もっと詳しく分析→新車・中古車・検索・比較 サイト


あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへプチっとお願いします


←前の記事  次の記事→


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック