私なら・・・という視点で、
中古車選びについてお話します。


今回は、中古車を選ぶ時に
皆さんが一番に気になるポイント・・・


走行距離に関連する事・・・
その中でも、

走行が少ない車を購入する時に、
気を付けて欲しいこと、

について、お話します。


走行距離が少なければ何も問題ないでしょう・・・
と、思われる方もいると思いますが・・・


走行が少ない車を選ぶ時に気を付けて欲しい点が
何点かありますので、
ご紹介します。




私が中古車を仕入れる時に
実際にチェックしている事です。


まず、
マフラーのサビ&腐食についてお話します。


走行が少ない車の場合、
毎日乗らずに、週末だけ、とか、
ドライブの時だけしか乗らない・・・
と、いった使い方をしている事も考えられます。


そのように、毎日、走行しない車の場合、
マフラーがサビたり腐食ししたりしてしまいます。


使用するより、使用しない方がサビるなんて・・・


と、思ってしまいがちですが、
こんな理由があるのです。


走行中のマフラーパイプの中は、
もちろん、排気ガスが常に通っていますが、
走行しない時のマフラーパイプの中には、
何が入っているでしょう?


当然、空気が入っているのですが、
空気の中には、もちろん水分が含まれています。


この水分が、
マフラーパイプ中の一番低い部分に溜まって、
サビを引き起こしてしまう訳です。


車に詳しくない方でも、ガソリンスタンド等で、
ガゾリンタンクに水分が溜まるのので
水抜き剤を買うように、勧められた経験がありませんか?


それと同じ事が、マフラーパイプにも言えるのです。



通常、毎日走行する方の車は、
マフラーが高温になることで、
水分は走行する度に蒸発してしまうのですが、

たまにしか使用しない車の場合、
(走行距離の少ない車の場合)
蒸発する事もなく、いずれサビて穴が開いてしまうのです。


中古車購入時に、
現車を見る時に、ぜひ、車の下を覗いて見て、


マフラーを確認してみましょう。


溶接や、パテのような物で補修してある場合は、
要注意です。


溶接などの補修の場合は、
いつまで持つのか?
保証は出来ません。


近いうちに、マフラーを交換しなければならなくなる
可能性が、少なからず予想されます。



もちろん、走行に関わらす、
マフラーは、必ず確認して下さいね。


えーじゃあ・・・・
全てを車のマフラーを確認するって話なんだから、
走行の少ない車の事を強調しなくていじゃん!


って、突っ込みを入れられそうですが・・・


走行が走行が少ない車だからといって、
油断しないで下さいね!


って事を、お話したかったのです。


車の構造上、
室内スペースを広く取るために、
ワゴン車、1BOXに、この傾向が多いようです。


ワゴンR・ムーブなどの、軽自動車の1BOXは、
パイプも細いので、購入時には、
念入りにチェックして下さいね。





あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへプチっとお願いします


←前の記事  次の記事→


車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法


自動車検索サイト一覧
自動車検索サイトを集めました

上手なクルマの売り方講座
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック