中古車フェア

前回、中古車展示場に行くと、 こんな事ないですか? に書いた

展示場にいったら、スタッフが近づいてきて・・・
から続いて・・・



思うように展示車を見れなかった場合の対応の仕方(戦い方)について・・・


私ならどうするか? お話したいと思います。




私も、当然、自分の勤務先の販売店で、来客の応対をするのですが。


お客さんの中には、こんな、人がいます・・・


私「こんにちは、どうぞご覧下さい。」


客「・・・・(無言)。」


私「内装など見たい車があったら、カギをお持ちしますので、その時は、声かけて下さいね。」


客「お前のところは、黙って見せられないのか!」


私「・・・すいません・・・・・どうぞ、ご自由に・・・」



だいたい、1年に3〜4人に言われます。


うちの店に来る前に、しつこくされる車屋に行って来たんだな・・・
と、すぐ分かるパターンです。


しつこくする店が、余りにも多すぎると思います。


私も、他社と合同で、地元のテレビ局やラジオ局の主催の


[中古車フェアー]


で、他社が、接客するのを見ますが、
しくこくするところばかり目につきます。


特に、若いスタッフなんか、そうですね。


上司から、「販売ノルマは○台だ!」
と、言われ、
お客様に、車の良いところを話して(悪い所は話さずに)
無理やり売ろうとします。


上司が、見ている事もあって・・・


お客さんが来ると、とにかく話しかけて、無理やりでも勧めてくるのです。
「たくさんのお客さんと話はするのですが、なかなか契約まではいかなくて・・・」
「不景気だから、ですかね・・・」
こんな、言い訳を、たくさん耳にします。

お客さんが、来るとすぐ応対しないと、上司にサボっていると思われるとも思っていますし、
無理やり勧めれば、買ってもらえるとも思っています。
(全部が全部とは思いませんが、大部分の話と思って下さい)
上司も、同じ考えの会社もありますし・・・



こんな、営業スッタフに、応対されたら
次の店に行った時に、警戒してしまうお客さんがいるのは、
大変うなずけること と、思っています。


今は、ネットや雑誌で、ある程度、情報を集めることが出来るので、

自分の欲しい車を、ある程度絞ってから、
実際店頭に来るときは、
現車の、キズや内装の程度などを確認に訪れるお客様も、大変多くなりました。

(販売店の開示している、情報が正しい場合、これも良い買い方と思います。)
(情報の{走行距離や事故車の場合}見分け方も、後日書きます)
 後日追加→悪い車屋の手口とは



しつこいセールスにあたってしまった場合、


もちろん、別の店に行くのもOKですが、
しつこいセールスを置いても、経営が成り立っていて、
いい車を置いている場合も有ります。



この場合、私ならどうするか・・・・


ケースバイケースで、全てに当てはまらないとは思いますが、


こちらから先に(スタッフが出てくる前に)
目的を告げるのが、良いと思います。


事務所などに、車を見る前に、
[目的]
(どんな車があるか、見たいだけ)
など、を告げてから、車を見せてもらいましょう。


購入するまでは、謙虚な姿勢が良いと思いますよ。


スタッフの質問(購入時期など聞かれた場合)にも、
気を持たせず、
はっきりと、答えましょう。
「購入は、まだ先。」
と、曖昧ではなく、
「購入は6ヶ月先です。」
などと、具体的な答え方が良いと思います。


スタッフに、
しつこくすれば買ってもらえるのでは?
と、思われないことが大事です。


恋愛じゃないけど、変に気を持たせない様に・・・


それでも、しつこいお店だったら・・・・


恋愛と同じ様に・・・


早めに引き上げましょう・・・。


PS 書きたいことはたくさんあるのですが、
   時間に限りがありますので、ご了承下さい。


反対意見なども、ぜひぜひ お寄せください。
私も、日々勉強です・・・・






あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへプチっとお願いします



←前の記事  次の記事→


車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法



カーセンサー
中古車情報誌の老舗、全国20万台中古車検索

ガリバー中古車販売
買取した車を直接販売、在庫車を検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック