タイヤ交換の時期になって、最近、特に感じた事をお話します。


タイヤの寿命を延ばし、結果・・・知っていると得をするエピソードと思います・・・


昔の話ばかりして、おじさんの小言みたいにならない様に気を付けているのですが・・・


今回も、昔なら・・・・


あまり問題にならない・・・というか・・・・


知っている人ばかりだった事なのです・・・・




最近の人は・・・(私も大昔の人ではないのですが・・・)


パワーステアリングが付いていないクルマに乗った事が無いでしょう・・・


最近のクルマは、スポーツカーでも、パワステが付いていますものね・・・


私の若い頃は、スパーツカーは、パワステ無しが当たり前でした。


もちろん、パワステ付きのクルマはたくさん有りましたが、


若者が好むようなクルマのほとんどが、パワステ無しだったような気がします・・・



あれ?なんか、話がパワステの話で、タイヤに関係ないじゃん・・・って思っている人、もう少し読み進めて下さいね・・・・


パワステ無しの車と、パワステあ有りの車とでは、
乗り方によっては、タイヤの減り方がかなり違うんです。


パワステ無しの車には出来ない乗り方なのですが・・・


それは、停まった状態で、ハンドルを切る事なのです。


パワステ無しの車なら、よほどの力持ちでなければ、出来ない芸当です。


最近の若い人達の運転を見ていると、特に駐車場での出し入れ時に、
停まった状態で、ハンドルを切り返してるのが、目につきます。



停まった状態でハンドルを切っていると、タイヤはどんな減り方をするのか?


タイヤの角の部分ばかりが、減っていってしまうのです。


私の仕事中に、部下のスタッフが、お客さんのタイヤ交換をしているのを見るとき、
タイヤがどんな減り方をしているのか?
チェックするようにしています。


チェックしていると、角が減っているタイヤが本当に多く目につきます・・・・


もったいないなぁ・・・・と思ってしまう、私なのです・・・・・



パワステ付きの車をお乗りの大多数のみなさん・・・


車庫入れの時でも、停まった状態でハンドルを切らずに・・・


ハンドルを切るときは、少しでも動きながら、ハンドルを切ってみましょう・・・


タイヤの減りがグンと違いますよ!


この話が参考になった方は、人気blogランキングへぜひ一票お願いします。






自動車検索サイト一覧 自動車検索サイトを集めてみました



←前の記事  次の記事→



車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック