今回は、ちょっとかるいお話です・・・
(知っている人も多いと思うので・・・)


匿名で質問を頂いた中に、特に女性と、年配(らしき)方から・・・


車検って、10年過ぎたらどうなるの?


的な事を聞かれる事がありますので、


今回は、この事についてお話して行きます。




私が仕事中に、店頭でも、同じ様な質問を受けます。
(やはり年配の方が多いですが)


確かに、昔は新車より10年が経過すると、車検は毎年(一年ごと)しか継続できませんでした。


しかし、今では・・・


軽自動車も、乗用車も、いつまでも(永遠に)車検は2年入れられる様になっています。


トラックやバンなどの、貨物車(4ナンバー、1ナンバー)は、新車の時以外は、車検はいつまでも1年ごとになります。


軽自動車の場合は、4ナンバーでも、車検は2年毎です。


また、10年経過したからといって・・・
割り増し料金的なモノも、発生しません。


車検の時に、経過年数から来る、消耗品などの交換が必要になって、
車検整備代が、新しいクルマより、かかるかも知れませんが・・・


諸経費の部分・・・自賠責・重量税・印紙代・・・などは、年式によって変わる事はありません。



しかし、車検には直接関係はありませんが・・・


自動車税は、経過年数によって、割り増しになります。


ちなみに、自動車税とは?
車検に関係なく、毎年5月頃に請求が来る、税金の事です。
直接車検には関係ありませんが・・・
これを納めていないと車検は受けられません。



ガソリン車は、13年超
ディーゼル車は、10年超


になると、今までより10パーセント(年額で)自動車税が高くなります。


知っている人には当たり前のお話でしたが、
女性にも分かりやすく・・・
と、スローガン(?)をあげている、当サイトですので、


一応・・・お話しておいた方が良いと思い、ご説明いたしました。





あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします







年末のオークションはこんな裏がある・・・2 ←前の記事
次の記事→自動車購入、買ってはいけないこんな色の法則



車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法


タグ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック