自動車購入の時、
どんなクルマを選ぶか?
とても楽しみな事でしょう・・・


クルマ選びの時に、どんな色のクルマにするか・・・・


とても、重要なウエイトを占めることと思います。


特に女性の方は、クルマの色はこだわりたい部分であることでしょう。


もちろん、自分の気に入った色を選ぶ事は否定しません。


でも、


自動車を売っていると・・・
特に、中古車に携わっていると・・・


こんな色を買ってしまうと・・・


後の、下取りの時に値段に差が出る(安くなってしまう)・・・そんな色の傾向が見えてきます・・・


今回は、車の外装色について・・・お話して行きます。




自動車購入・・・特に新車を買うとき・・・


テレビコマーシャルって、印象に残りますよね・・・


そして、カタログをもらって見てみると・・・


大抵、テレビコマーシャルに出てくる、車の色が、
カタログのトップページにも掲載されている事が多いと思います。


これって、イメージカラーと言って、
自動車メーカーが考えて、前面に出してくる色なんです。


当然、カタログやCMで、使用する為に、
見た人に印象に残る様な色にしている・・・訳であります。



テレビCMを見て、
その車種が欲しくなった人は、
イメージカラーを見て気に入る訳ですから・・・
イメージカラーの車を、買う確率が当然高くなります。


元々、自動車メーカーが、(売れるようにと)広告のプロに選ばせる色なのですから、
CMを見た時に、新鮮に写るように、良い色を選んでくる訳です・・・



でも、
中古車になった時(買い換える時の下取・買取)の事を考えると・・・


イメージカラーの色は、買ってはいけません。


(珍しく、断言していしまいましたが・・・)


ナゼなのでしょう?
理由はお分かりですか?


・・・・・・・・。


そうです・・・


中古車として流通する時期には、イメージカラーの車が多く出回るからなのです。
(新車の時に、多く売れているのですから、当然ですが・・・)


新車の時には、新鮮に写っていた、イメージカラーの車ですが、
街に多く出回りますので、何年か経つと、飽きられてしまう傾向が強くなります。


中古車として、購入しようと思う人達にも・・・
なるべく、新鮮な色を望む傾向が、(当然) あります。


新車の時に新鮮だった、イメージカラーは、
数年後には、 台数が多い色の為に、
中古車の色としては、新鮮ではない・・・ありふれた色になってしまっているのです。



ですから、その結果・・・イメージカラーの車は、中古車としての価値が下がり・・・


下取りや、買取の査定が、下がってしまうのです。


今回の私のアドバイス・・・
カタログ、コマーシャルのイメージカラーは、下取り(リセールバリュー)を重要視するなら・・・
避けた方が良いのでは、ないでしょうか。


では、どんな色を買っておくと良いのでしょうか?
それは、次回にお話いたします。





あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします







車検って・・・10年過ぎたら・・・←前の記事 
次の記事→自動車購入下取りを考えた色選びエスティマ編



車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック