前回から続いています。(3話目です)


この記事を始めて読む方は、


↓ここから読み始めて下さい


中古車購入と、 クーリングオフ


クーリングオフが出来なくて・・・


契約も有効なAさんは・・・


中古車販売店Y社に言われるままに・・・


キャンセル料を支払わなくてはいけないのでしょうか?


続きをお話していきます・・・




Aさんが、中古車販売店Y社から・・・


請求されている


キャンセル料は、いくらなのでしょうか?

Aさんは、Y社から・・・
「契約した金額の2割のキャンセル料を請求する」と、(電話で)言われました。


車両本体プラス諸経費全てを含めた金額の2割です・・・


Aさんが、予約した中古車の経費を含めた合計金額は100万円です。
すると、20万円のキャンセル料になる訳です。


しかし、Aさんは、
予約の契約をしてしまった日の 次の日にキャンセルを連絡しています。


中古車販売店Y社に、20万円もの、損害を与えたとはとても思えないと Aさんは考えています。


予約してしまった中古車は・・・
Y社の展示場の中で、Aさんが予約した日に展示していた場所から、動いた形跡は無いようです。


名義変更の手続きも、納車の為の整備なども、全くしていないと思われます。
なぜ?20万円ものキャンセル料が必要なのか?
Aさんは、納得できません。


車に変わった所があると言えば・・・
Aさんが予約した後に、車に付いていた車両本体価格を表示していた、
プライスカード(値札)が外されて・・・
売約済みのカードが付けられた位です。



20万円もの損害を与えたとは、とうてい思えません

お客さんの立場としては、もっともな話ですが・・・


中古車販売店側からすると、キャンセルとは・・・
ものすごい損害がでる場合があるのです。


ここで、少しお話しておきます。
(善悪は除いてのお話と思って下さい)


中古車販売店からすると、
予約された車は、当然・・・別のお客さんに売る事は出来ません。


新車でしたら、同じ車をどんどん売っても、
同じ車が工場から作られて来るのですから問題は無いのですが・・・


中古車の場合は、一台の車で複数のお客さんと契約する事は不可能です。
(全く同じ車は無いのが中古車ですから・・・)


Aさんに予約された事で・・・
Y社は、Aさんが予約した中古車を別のお客さんに販売出来なくなってしまいます。


Aさんが予約した後に・・・
Aさんが予約した車を購入したい人が現れて・・・
当然、Y社は、後からのお客さんに「買いたい」と言われても、
お断りするしかありません・・・


この時に、後からのお客さんが連絡先を教えて下されば、後から連絡を取る事もできますが・・・

欲しい車が売れてしまっている車屋に、連絡先を教えてくれるお客さんは少ないと思われますし、

キャンセル後に連絡しても、すでに別の中古車販売店で購入してしまっている事も多々あります。


こんな場合は、Y社としては、大損害な訳です。



このパターンは、私も何度も経験しています。

売れた中古車は、当然需要があるから売れた訳で・・・
別の人が欲しくて探している確率も、高い傾向にある と、言えると思います。


私の場合は、予約させてその後キャンセル・・・
なんて事は、ありませんが・・・


普通にご購入して頂き・・・
その後、売れてしまった車を買いに別のお客さんが来店されて・・・
「売約済みになってしまいました」
と、説明し・・・


その後・・・キャンセルの連絡が・・・


後から来店されたお客さんに、連絡すると・・・
別の中古車販売店で、すでに購入を済ませたとのこと・・・


自動車を販売している者にとって・・・
本当にがっかりする、出来事なのです。



だからと言って、高額なキャンセル料を請求しても良いとは(私は)思いませんが・・

では、やはりAさんは、
20万円のキャンセル料を支払わなければならないのでしょうか?


次回へ続きます。





あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします







中古車購入と、キャンセル←前の記事 
次の記事→中古車購入 契約後のキャンセル料は?



車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック