TOP > 中古車購入 諸費用って? > 登録費用とは?分かり辛い経費を理解!

中古車購入 諸費用って? ]

登録費用とは?分かり辛い経費を理解!

今までにも、中古車購入時に、

中古車販売店から、請求される、車両本体価格以外の費用について、
お話して来ましたが・・・

具体的な費用の「名称」を挙げて、細かく説明してみたいと思います

まずは・・・登録費用について・・・

お話して行きたいと思います



最初にお話しておきたいのは・・・

中古車を販売する時に、お客さんに請求する費用は、
その中古車販売店、独自に決められている・・・
と、いう事です。

経費の名称も、金額も、自由に設定できるのです。

したがって・・・今回お話する、登録費用も、
中古車販売店によって、呼び名が違います。

登録費用 登録代行費用 登録手続費用 検査登録費用 名義変更費用・・・
だいたいは、こんな言葉が多いと思います。
中古車販売店によって、名称は違っても、「登録」「名義変更」の、どちらかの言葉が入るはずです。

登録費用とは・・・・何でしょう?

それは、購入したお客さんの名前に登録する費用の事です。

名前(名義)を変える(変更する)ので、名義変更という言葉が一般的だと思いますが、

購入した中古車に車検が無くて、これから車検を取って(名前を)登録する場合も多いので、

中古車販売店は、登録費用と表す場合が多いと思います。

名義変更も、正しく言えば、 購入したお客さんの名前に変更の登録をするので、
登録費用で、間違いはないのです。

私も、会社の店頭で商談していると、

名義変更を、自分でやるので、

登録費用を無料にして欲しい・・・

と、いう依頼をされるお客さんが、最近は増えている事を感じます。

また、登録費用を、中古車販売店の(不当な)利益だと、中傷する人もいます・・・

しかし、中古車販売店の、こんな事情を理解して下さい
車検のある車(軽自動車を除く)の、名義変更をするのには、
車検証の所有者(名義人)の印鑑証明と、実印を押した書類(委任状・譲渡書)が必要になります。

そして、印鑑証明は発行日から、3ヶ月間だけが有効期間なのです。
有効期間の間に、名義変更(登録)が完了しないと、
もう一度、所有者に印鑑証明を取ってもらわなければなりません。

もし、期限が切れたり、破損・紛失しても、所有者に再交付をお願いすればいい・・・
と、簡単に考える人も多いと思いますが、
所有者が、個人の暇な人とは限りません。忙しい人もいますし、
法人(会社)などの場合、法務局まで出向いてもらわなければならず。
法務局によっては、(都市部など)大変混雑し、何時間も待たされる所もあります。

また、オークションから車検付の車を仕入れた場合は、
1ヶ月以内に名義変更を終えないといけない規定をしている
オークション会場が多いようです。

期限内に名義変更を終えないと、5万円以上のペナルティー(会場によって違う)と、
印鑑証明を再交付に関しての費用までも、持たされる事にもなります。

我々、業界では、「書類を切らす」という言葉を使いますが・・・
「書類を切らす」事は、原則として、あってはならない事なのです。

したがって、
中古車販売店が儲ける事、以前に・・・
「書類を切らす」事の無いように、名義変更をお客さんにさせる事を(中古車販売店は)嫌うのです。

何度も書類を切らすと、オークション会場の会員を除名される事もありますので、
中古車販売店の営業が出来なくなってしまう事もありえる、
重要な中古車売買の手続きが、
名義変更などの、登録であると言えると思います。

しかし、

不当に高い登録費用を請求

(契約書に記載)

する中古車販売店もあります

登録費用は、大体・・・
1〜3万5千円位が、相場ではないかと思います。(遠方の登録を除く)

最近の傾向は、悪い業者が、登録費用を過剰な金額にしたりはしません。

最近は、登録費用以外の、別の名目で小分けにして、高い諸経費を請求するパターンが多く見られるようです。

1〜3.5万円と、費用の差は・・・一概に高い安いと言えません。

1万円の安い登録費用の中古車販売店が、別(名目)の費用で、合計すると高い場合もありますし、

3.5万円の登録費用の中古車販売店は、車庫証明代などを含んでいたりして、別の名目の費用が無くて、 シンプルな諸費用の請求の仕方をしている場合もあります。

しかし・・・実際に比較するのは意外と簡単なのです。

比較したい中古車販売店が、カーセンサーやGOO、カチャオなどのサイトに掲載しているなら、
ネットで見積を依頼してみましょう。

ナゼ?ネット見積が良いのかと言うと・・
最近は、見積を出すと、その見積を持って別の中古車販売店に行かれ・・・
それを後から見た中古車販売店が、見積よりも(少し)安く商談するネタに使われてしまい・・

最初に見積した中古車販売店が、圧倒的に不利になってしまうので、
中々・・見積を出してくれない中古車販売店が増えているからです。

ネット見積の場合は、見積を出さない訳にはいきませんから、
ネット見積が、簡単で良いと思う理由です。

近くの中古車販売店の経費が高いか?
調べてみるのも、良いでしょう。

見積を頼む時は、、同じ車両価格で、同じ排気量・同じ車検期間の車なら、同一車種でなくともOKです。
別の会社にも、見積させて、比較してみれば良いのです。

この方法なら、諸費用の名目を知らなくても、どちらの中古車販売店が高いか?
総額を比べれば良いだけですから・・・




あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします







新車・中古車・検索サイトを研究 ←私が作ったページです。
サイトごとの、メリット・デメリットを分析。有効に利用するこんなポイント


日産ティーノ 不人気車をねらえ!←前の記事 
次の記事→車庫証明費用とは? 分かりづらい経費を理解!



車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法



この記事へのトラックバックURL

コメント投稿フォーム