整備費用についてお話していて、


ちょっと気になった事がありましたので、


お話したいと思います。


タイトルを詳しくすると・・・・


整備ではなく、点検に(整備料金を)支払っていませんか?


という事です。




悪い中古車販売店の中には「整備費用」として、料金を請求しながら・・・


実際には整備していない場合があります。


整備代金を請求しておきながら・・・
全く何もしないで納車してしまう中古車販売店もありますが・・・
これは、問題外です。



しかし、中古車販売店からすると・・・


何もしないで納車してしまうのは、リスクがある訳です。


今、ちょっとした不具合があり、 今なら安く修理できるのだが、
放置しておくと・・・
高額の修理代が必要な故障が、予想される場合・・・
中古車販売店は、今、修理してしまった方が、得な訳です。


ですから、今の車の状態を中古車販売店は確認しておきたい訳です


ちょっと質問です。
整備と、点検の違いはお分かりですか?


点検は、不具合が無いか?
確認する作業の事です。


整備は、不具合箇所を
(修理)整備する作業の事です。


ここまで書くと・・・カンの良い人は、
私の言いたい事が、お解りでしょう・・・・


そう・・・


整備代を請求しておきながら、
不具合ヶ所がないか?・・・点検しかしない中古車販売店がある・・・
と、いう事が言いたいのです。


点検して、何も悪い所がなければ問題はないでしょうが・・・


点検して、問題があるのに、整備(修理)しないで納車してしまう中古車販売店もあります。


中古車販売店の運転資金が足りない・・・経営が思わしくない・・・
最初から、低レベルで、悪質な業者だ・・・


など、理由は色々あるでしょうが・・・


今、整備(修理)しないと後で高額な修理が予想されるので、
整備してしまうなら、もちろん問題はありません。
しかし、悪質な中古車販売店などは、


今、修理代を掛けるより・・・・
保証期間が過ぎてから壊れる可能性も考えられるので、
整備(修理)をしない・・・
という、(いわゆる)賭けにでてしまう業者(車屋)があります。


こんな中古車販売店から、車を買ってしまった場合・・・
不幸な事(車が壊れる)になってしまい・・・・


更に、運が悪い人は、保証期間が過ぎてから壊れてしまい・・・
自腹で修理代を支払う事になってしまう・・・・


こんな、トラブルが起こってしまう事になります。


車が壊れてから、購入先の中古車販売店に
「納車の時から、不具合を知っていたんでしょう」
と、文句を言いに言っても、後の祭り・・・・


証拠は無いのです。


本当に、納車の時には不具合が無く、
納車後に、故障が発生している場合と、
区別がつきません・・・・
また、(後から)証明する事は、不可能に近いでしょう


前回までに、


  • どの様な整備をするのか?
  • 整備した証明(整備記録)は発行するのか?
  • どこで整備するのか?
  • 整備工場は陸運局の認可を受けているのか?
  • 整備するのは整備士なのか?

と、質問しましょう・・・と、防衛策を、紹介しましたが・・・


これに付け加えて・・・


  • 納車時に、整備した内容を確認する
  • 消耗品の消耗はどの位か?
    ブレーキパッドの残りは何ミリか?
    ファンベルトの状態は?
  • オイル漏れや、にじみはあるか?
  • 下回りのサビは大丈夫か?
  • これから、気をつけなければいけない
    アドバイスはあるか?

も、質問してみましょう。


そして、究極ともいえる、防衛策を紹介しますと・・・・


長くなったので、次回に紹介させて頂きます





あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします







新車・中古車・検索サイトを研究 ←私が作ったページです。
サイトごとの、メリット・デメリットを分析。有効に利用するこんなポイント


整備費用が含まれていない場合を攻略←前の記事 
次の記事→不具合を隠す車屋から身を守るこんな方法!



車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック