TOP > ウラ話 > 走行メーター戻し 懲りない面々

ウラ話 ]

走行メーター戻し 懲りない面々

中古車の需要が高まるこの時期・・・

地元のテレビ局 主催の

中古車フェアー

に、私の会社も参加しました。

そこで・・・こんな出来事が・・・



中古車フェアー開催中・・・
地元の、中古車販売店 A社とB社の社長同士がケンカを始めました。

私は、近くにいたので、他にもいた別の中古車販売店のスタッフと
カンカの仲裁に入りました。

話を聞くと・・・

A社が、最近(フェアーの開催以前に)、中古車を販売して、
お客さんのそれまで乗っていた車を下取したのですが、

その車をお客さんから、引き取ってすぐに、タイミングベルトが切れたそうです。

その下取車は、B社が販売した車で、
走行距離が8万kmだったそうで・・・

別に・・A社の社長がB社事を怒らなくてもいいのに・・・
と、(私は)思っていたのですが、

その下取した車の本当の走行距離は18万kmだったそうで・・・

B社が、走行15万kmの時に、

10万kmほど走行距離を戻して

5万kmとして販売したそうです。

下取車の前のオーナーは、8万kmの時にタイミングベルトを交換していて、
実際のところ、それから10万kmを走行してしまったので
もう、タイミングベルトは交換しなければいけない距離になっていた事になります。

A社の社長は、B社の社長に対して

「10万kmも戻しやがって!」

と、怒りがおさまりません。

ここで、補足説明・・・

B社は、(私の)地元では、安売りで有名な中古車販売店です。
私でさえ、B社と面識は有りませんが、
B社がメーター戻しをしている事は知っていました。

ナゼ?(私が)メーター戻しを知っているか?
簡単な事です。
オークション会場で、B社の社長を見かけるのですが、

ちょっと注意して、見てみると
B社が、どんな車を仕入れているのか?
分かります。

B社は、オークション会場で、

走行が10万km以上の車

ばかりを仕入れている

のですが、

B社の店頭に並ぶ車に

10万km以上の車を見たことがありません

間違いなく、メーター戻しをしているのです。

私は、念のため、B社が買った、1台の車を
オークション会場で、車台番号をメモって、
B社の展示場に並ぶ時には、
どの位走行距離が変わっているのか?
調べた事もありました。
(その車は4万kmほど戻されていました)

B社は、安さが評判で、結構多くの台数を売っているので、
A社の社長は面白くありません。

私も、私の会社に来るお客さんに、
私の会社の展示車の値段を見て、

ここは、ずいぶん高いね・・・

B社では、似たような車がもっと安く売っていたよ

と、言われる事が度々あります。

メーター戻しをしている事を言ってやりたくなるんですが・・・

私は絶対に言いません

なぜなら・・・
それを聞いたお客さんが、
私が、単なる負け惜しみを言っているとしか
聞いてもらえないかも知れないからです。

全くもって・・・B社は、悪徳業者だ!

と、いう事で・・・話は終わりそうですが・・・

話は、これだけでは終わりません。

この話を私が伝えたかったのには、別の理由があったからです。

次回へ続きます。




あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします







トヨタ アバロン不人気車をねらえ!←前の記事 

次の記事→走行メーター戻し もっと懲りない面々



↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法




この記事へのトラックバックURL

コメント投稿フォーム