今回は、新車・中古車購入時に、
自動車販売店に支払う諸経費について
紹介します。


今回は重量税について
お話します




自動車って、とにかく色々な名前の税金が掛かりますよね。


今回、お話する、重量税 も、その名の通り・・・


税金であります。


重量税とは? 


そのまんま・・・読んで字のごとく・・・


自動車の重量に関わる税金なのです。


いつ、支払うか?と言うと・・・


車検を受ける時に支払らう税金なのです


支払わないと


車検が受けられない税金です


自家用の軽自動車は、一律 2年ごとに¥8,800−です。
(事業用は¥5,600−)


それ以外の自家用乗用車の場合は、
車検証の中の車両重量の欄に記載されている重量で
区別されます。

車両総重量という欄もあります。
貨物車の場合は車両総重量が基準になりますが、
乗用車の場合は、車両重量が基準になります。
お間違えの無いように・・・



自家用乗用車の重量税は?


一年単位で、500kgごとに、金額が変わってきます。


基準は、1年500kgごとに ¥6,300−づつ増えていきます


たとえば、車両重量1300kgの新車の場合・・・


重量区分は、1000kg以上1500kg以内なので


500kgの3倍1500kg以下の区分になります。


¥6,300×3=¥18,900


新車の車検は3年です。


よって、


¥18,900×3(年)=¥56,700 となります


新車以外の場合は車検は2年ごとですので


¥18,900×2(年)=¥37,800 になる訳です


と、難しく説明しましたが・・・


簡単に分かる様に、表を紹介します


重量税表


表をクリックすると拡大します
くるまどから引用)


 


自動車を買う時 重量税は


車検を新たに受ける時以外は
自動車販売店に支払う必要はありません



車検が残っている中古車を買う場合は


支払う必要はないのです


例えば、車検が1年残っている中古車を買う時に
残り1年分の重量税を請求される事はありません



もし、車検が残っている車を買う時に
重量税を請求(注文書に重量税額が記載)された場合は


その自動車販売店から


中古車を買うのは


止めましょう


なぜ?車検を入れる訳ではないのに
重量税を請求するのか?


なんて、質問する価値もない自動車販売店です


相手にしない方が賢明だと(私は)思います





あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






走行メーター戻し もっと懲りない面々←前の記事 

次の記事→シボレーブレイザー不人気車をねらえ!


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック