タイヤ交換する整備士

前回から続いています。


この話題を初めから読む場合は
 間違っている人がたくさんいます、 足回りの・・・ からどうぞ


さて・・・


私が乗ってすぐに気が付いた
足回りの違和感の原因はなんだったのか?


予想がつきましたか?


整備士の方やタイヤショップの方などは
すぐに分かったのではないでしょうか?


前回、ガソリンスタンドに行ってから・・・
また、ゴツゴツと・・・異音が出た・・・


と、お話しました。


ガソリンを入れたから、おかしくなったのではありません


お客さんは、ガソリンを入れる他に
何か車にした訳です・・・それが原因で
足回りに違和感が出たのです。


いったい何をしたのでしょうか?




答えは・・・
タイヤに空気を入れた事が原因で
違和感が出た
が正解です。


ただ、空気を入れたのではなく
空気を入れすぎたのが原因でした。


前回、車を預かって、整備工場に持っていた時は
トラックに積んで持っていって、おろしてすぐに
リフトで持ち上げて点検をしました・・・


その時に、整備士の人は、
もっとも基本的なこと・・・
タイヤの空気圧の調整は、無意識に調整してしまい・・・


点検で異常が見られなかったので、
リフトから下ろして、試乗した時には
タイヤの空気圧は正常になっていたので、


違和感は消えていた訳です


単純な事だったのですが・・・


このエピソードを紹介したのには
訳があるのです。


お客さんがタイヤの空気を入れすぎた原因を
お話したいのが・・・


このエピソードを紹介した
一番の理由なのです。


考えてみて下さい・・・


せっかく違和感がなくなった車を・・・
ガソリンを入れに行った時に


わざわざ、自分で手間をかけて、タイヤに空気を入れる・・・
と、いう作業を、(このお客さんは)しているのです。


なんで、わざわざ・・・そんな事をしたのか?


そして・・・最近は
この、タイヤの空気を入れすぎている人が


多い事に気が付いたので・・・


その・・・タイヤに空気を入れすぎる原因について・・・


次回・・・お話して行きます





あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






足回りの違和感、私が乗ったらすぐ分かりました ←前の記事 

次の記事→タイヤのメンテナンス間違う原因は?


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック