ここまで・・・

事故車が安くない?

と、いう事から、書き出した・・・記事で・・・

書き始めは、こんなに長くなるとは(私も)思っていなかったのが

正直なところなのですが・・・

結構・・・長くなってしまって、自分でも反省しております。

事故車が(業者オークションで)安くない

って、最近の事情を、ひとことでお話してしまえば

事故車は安いって思い込んでいるシロウトの人や
シロウトから依頼を受けた、手数料だけで入札に来ている業者・・・

また、半プロのような、自動車修理工場などが・・・

競り合ってしまい・・・

その結果・・・事故車なのに安くなくなってしまう

と・・・

こういった内容の事をお話したかったのです。



この内容を信じてもらう為に、細かく説明をしてしまい・・・

長く長くなってしまいました。

この件に興味のなかった当サイト読者の方々・・・
すみませんでした。

でも、何で?こんな事を(私は)お話したかったのか?

それは、最近・・・小規模なオートオークション会場で
こんな事があったからです。

店舗も社員も持たない、中古車ブローカーのような
ある、業者が・・・

私が、以前に一度、中古車を買ってもらったお客さんと
その、小規模なオークション会場に来ていたのです。

その業者は、(本当は禁止されている)
お客さんを、会場内のセリをする場所まで連れて行き・・・

テーブルに並んで座って、セリに参加していたのです。

そのお客さんは、
実は、半年ほど前から、ある、車を欲しがって

何度か私のところを、訪ねてきていていたのです。

現在、乗っている車は私が販売した車で、
その車を下取に出して、次に希望する車がいくらで乗れるのか?

何度か、お話をしたのですが・・・

お客さんの予算では、希望の車はとても無理でした。

でも、どうにかならないか?
私の元へ何度も商談に訪れていたのでした。

そして、1ヶ月ほど前に、
事故車なら、何とか買えるのでは?

と、私に話を持ち込んで来たのです。

そして・・・・

次回へ続く・・・



あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






ある場合とは?どんな場合?←前の記事 

次の記事→小規模のオークションで見た、落とし穴


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック