前回からの続きです


そして・・・そのお客さんに、


私は、事故車は、たとえお客さんからの依頼でも


売りたくないと、断りました。


その後は、私の所に来なくなり・・・


オークション会場で、ご対面、となった訳ですが・・・


そのお客さんとは(私と目は合ったのですが)無視されました。


その後・・・


そのお客さんが欲しがっていた車種で事故歴のある車が出品され・・・


みごと、一緒に来ていた業者が落札したのです


しかも、我々業者の感覚では、ありえないような高値で落札したのです。


私のちょっとした知り合いの業者(仮にAとします)と
お客さんと一緒に来ていた業者(仮にBとします)とがちょっとした知り合いで・・・


オークション会場の食堂で、一緒にコーヒーを飲む事になりました。




お客さんは、私と同席するのがイヤだったのか
食堂には来ずに、会場内を見てくると言って・・・


私と、知り合いの業者Aとその業者Bとの3人で
コーヒーを飲みながら、雑談し始めました。


私の知り合いの業者Aが、その業者Bに


業者A 「なんだい、さっきの事故車は?」


業者B 「いっしょにいたお客の注文だよ・・・」


業者A 「それにしても、ずいぶんひどい事故をやってんじゃないの・・・」


業者B 「いいんだよ・・・お客が納得してるんだから・・・」


業者A 「値段も、ずいぶん高かったんじゃない?」


業者B 「それも、お客は納得済み・・・」


業者A 「えーそうなんだ・・・イイお客だね・・・(ちょっとイヤミ)」


業者B 「今時のお客なんて、知ったかぶりばっかりで・・・
     あの客も、車の外見だけ良ければ、
     事故車だって普通に走ると思ってるし・・・
     オークションから買えば、
     仕入れ値で買ったと思って、満足しているんだよ」


業者A 「そんなパターンが、最近は多いよね・・・、
     ところで手数料はいくらでやったんだい?」


業者B 「お客に言ってある手数料は、一応5万って事になってるけど、
     実は、今回・・・30万ほど儲けさせてもらったんだよ・・・」


業者A 「えーっ、手数料は5万しか、もらわないんでしょ?
     何で、30万ももうかるの?・・・」


私は、この業者Bが、ある手口を使ったな・・・


ってピンときました・・・


その手口は?・・・次回へ・・・




あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






小規模のオークション会場で見た・・・←前の記事 

次の記事→お客の知らない、車屋の儲けの手口とは?


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック