数日前・・・


お客さん(若い)が、友人を連れて
私の所へ、相談したいとたずねて来ました。


その友人は、ネットで見つけた安い中古車を
見に行って・・・


見積もりをしてもらったら


思っていたより高くて・・・


でも、その中古車を欲しいみたいで・・・


買っても良いものか?


私の所を たずねて来た訳です。


詳しく話を聞いてみると


車種名はふせておきますが、


8年前の車で、走行は少なく6万kmで


車の値段は なんと、3万円!(正しくは¥29,800)


カーセンサーで、検索してみると


売られている相場は30〜40万円くらいの中古車です。




その3万円の中古車には、車検が無く


車検を入れて乗るまでの諸経費を全部入れると


40万円ほどの見積もりになったそうです。


「????」と、私は おどろいてしまいました。


3万円の中古車が


乗るまでの諸経費を入れると


総額40万円に・・・


見積書を見せてもらうと・・・


法定費用は問題なく正規の金額でしたが


車検の整備費用や、登録の費用、納車準備費用などが


私には、ちょっと理解できない高額な金額でした・・・


しかし・・・


以前の記事で説明したように


中古車販売の諸経費は、


法定費用以外なら
いくら高い金額を取っても


違法ではありません。


詳しくは以前の記事
中古車購入・ 諸経費のカラクリをあばけ!
を、参考に


以前から・・・


私は、この様な


車両本体を激安にして


諸経費を異常に高く取るような車屋が


いずれ現れるだろう


と思っていました。


なぜかと言うと・・・


次回へ続きます




あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






車を高く売るなら、まずはここから・・・←前の記事 

次の記事→激安中古車が生まれる訳とは?


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック