異常に安い・・・


ひとけた万円の、それも5万円以下の様な


激安中古車が、インターネット上(など)に増えてきました。


前回の記事で、
車両本体が激安でも、乗るまでの諸経費を含めると
結構な金額になってしまう事
諸経費が異常に高い事を紹介しました


結局、乗るまでの金額は安くないのですから


無意味な事のようですが


なんでそんな事をするのか?


やはり、理由はあるのです。


それは・・・


中古車在庫情報サイトのカーセンサーやGOOネットに、


中古車販売店が、在庫車を掲載する時に


値段が安い車は、


サイト内の検索結果に選ばれ易く


買ってもらえるかは、別としても


安い価格の中古車を
詳細情報のページまで、


見てもらえる可能性が


断然高いのです。


昔と変わって


インターネットで中古車を探す時代の現代は


ネット上の検索結果に引っ掛からないと


購入対象として、候補に上げてもらう事すらないのです




そこで・・・
価格を安くしてカーセンサーなどに掲載しなければ
中古車が売れないので、価格競争が進みます


でも、中古車の仕入れ価格が安いわけではないので
安いプライスで掲載するために
その分の しわ寄せがどこかにくる事になります


その結果、売れた場合に諸経費を高くして
コストを回収する方法を取る
中古車販売店が出現してきた訳です。


これを、異常なほど、車両本体を安くして
諸経費を高くしたモノが


前回から紹介している


激安中古車なのです。


対策としては、むずかしい事は考えず


諸費用を含めた総額で
他の中古車と比較すれば良いだけです


ただ・・・
そんな卑怯な手ともとれる方法で客寄せをする
中古車販売店から中古車を買っても


良心的なアフターサービスを受けられるとは
考えにくいと思います


ちなみに・・・
私がお客さんなら、そんな中古車販売店では
中古車を買わないでしょう




あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






激安中古車は、最近流行の手口?←前の記事 

次の記事→中古車の走行距離を選ぶシュミレーション


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック