価格の安いアジアで生産されているタイヤ
について


以前の記事
激安輸入タイヤってどうなの?
で、紹介しました。


今回は、その価格の安いアジアで生産されているタイヤの


スタッドレスタイヤについて


どうなのか?


私の販売経験から、お話したいと思います




激安アジアンタイヤのメーカーを紹介すると


  • NANKANG(ナンカン)
  • NEXEN(ネクセン)
  • FEDERAL(フェデラル)
  • KUMHO(クムホ)
  • HANKOOK(ハンコック)

各、メーカーがどこの国で作られているか?は、
以前の記事→激安輸入タイヤってどうなの?
を参考にしてください


まずは、HANKOOK(ハンコック)のスタッドレスは、
国産メーカーのスタッドレスと
そんなに変わらないと思って良いレベルと思います


さすがに、ミシュランやブリヂストンのレベルには
到底及びませんが、国産の販売本数下位メーカーと
同じ程度のレベルと思って良いでしょう
日本メーカーの技術指導も受けていると聞いています


しかし、値段は激安とは呼べないほどになってしまっています


次に良いと(私が)思うのは
KUMHO(クムホ)です
日本専用設計でMARSHALアイスキングという商品名で
スタッドレスタイヤを販売しています。


日本専用設計のスタッドレスだけあって、性能は中々良い商品です
確かに安いとは思いますが、
激安とまではいかない価格になっています

MARSHALアイスキングを詳しく紹介しているページです
215/65R15 アイスキング KW21


では、価格も激安な


  • NANKANG(ナンカン)
  • NEXEN(ネクセン)
  • FEDERAL(フェデラル)

のスタッドレスタイヤはどうか?


私の会社へ部品を卸している会社の営業車で
NANKANG(ナンカン)のスタッドレスを装着している会社がありまして・・・


実際に営業車に乗っている営業マンに
NANKANG(ナンカン)のスタッドレスの使用感を聞いてみると


やはり国産スタッドレスには負ける


と、即答されました。


彼は、雪のほとんど降らない地域から
豪雪地帯まで、営業してまわっています
その走行距離は、年間5万kmにもなるそうです

実は・・・彼は、NANKANG(ナンカン)のスタッドレスの
あまりの安さに、
ほとんど効かないのでは?
と、疑っていたそうです


でも、思っていたよりは効いたので・・・

ウインタースポーツが好きな彼は
自分の愛車にもNANKANG(ナンカン)のスタッドレスを
履いた、と語っていました。


なぜ、自分の車に履いたのか?


と、聞いてみたところ・・・


確かに、国産メーカーより性能は落ちるけれど


走れない様な、悪いレベルではなく


その値段を考えれば、十分納得のいく性能だと思ったからだそうです。


実際に履いていてのアドバイスは?
と、効いてみたところ・・・


何年も、長期に渡ってスタッドレスを使用したい人には、
NANKANG(ナンカン)等の、激安スタッドレスは
向かないでしょう・・・


と、言っていました。


この話は、私も同感で・・・


たとえミゾが残っていたとしても、3シーズン目も
ゴムの柔らかさを保っているのか?


国産のスタッドレスでも、3シーズン目には
ゴムが、硬くなってしまうメーカーが
まだまだ、多くあるので・・・


日本に輸入されて、まだまだ日の浅い、
激安アジアンスタッドレスのこれからを見守りたいと思います。


NANKANG(ナンカン)NEXEN(ネクセン)などの
激安アジアンスタッドレスが、実際どの位安いのか?


激安タイヤを中心に取り扱っている会社の
ホームページのリンクを貼っておきます


輸入タイヤ直販店 オートウェイ






◆関連記事◆   


激安輸入タイヤってどうなの?


激安輸入スタッドレスってどう?


間違いだらけのメンテナンス(タイヤ編)


間違いだらけのタイヤ交換!


ナンカンタイヤは大丈夫?









あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






トヨタハイエースバン過走行でもボロボロでも高く売れる←前の記事 

次の記事→長期間、車に乗らない時のバッテリーは


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法

ナンカンタイヤは大丈夫?


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote