日本国内では、需要の無い
多過走行でも、事故車でも


海外への輸出向けとして
高く売れる中古車があることを、紹介してきました。


日本人の感覚では、
もう乗りたくなくなってしまうほど
走行距離が多くても・・・


事故歴(修復歴)があっても・・・
事故の修理をしていない車であっても・・・


海外への輸出中古車として
日本人の感覚よりも高い値段で取引されているのですが・・・


それを(一般のお客さんに)隠して(と言うか積極的に伝えずに)・・・


安く買い取って、輸出業者へ高く買い取ってもらったり
または、輸出業者が集まる業者オークションへ出品し
利益を得ている場合が多くあるので・・・


最近の当サイトでは
この辺の情報に重点を置いて、ご紹介しているのでありますが・・・


最近・・・


私が仲良くしている
輸出業者の社長さん(パキスタン人)と、話をしていて・・・


日本人とは感覚が違うなぁ〜
と、思える話を聞いたので、
ちょっと、ご紹介したいと思います




私が以前から、不思議に思っていた事


事故車でも、事故車でなくても
そんなに値段の差がなく、買い取るのはナゼなのか?
聞いてみたのです。


いくら、海外でも・・・
やはり、一度ぶつかって修理した車より

一度もぶつかった事のない車の方が

価値が高いと思うのが普通・・・
と、言うか・・・
私は、そう思うのですが・・・


中古車輸出業者の社長さんは・・・


「だって、直しているから良いんだよ」


と、言うのです。


確かに、直っていて、使用に支障が無ければ
問題が無いのでしょう・・・


また、


中古車輸出業者の社長さんは・・・


ぶつかった事のない車より
ぶつかって直した車の方が向こう(輸出先)では
人気があるんですよ


と、言うのです・・・


なぜなら、塗装が新しいから・・・


だ、そうです。


一度も塗装をしていない新車のままの中古車は・・・
たとえば、10年前の年式なら
塗装は、10年経過しているが、

1年前にぶつけて修理した車なら
塗装が1年しか経過していない、新しい塗装なので
新しい塗装のほうが喜ばれるのだそうです。


新車時の塗装は、メーカーの工場で
焼付け塗装をしている上質な塗装で、
後からの塗装より絶対にきれいな塗装なのですが・・・


輸出先の国の気候や使用条件により
どんな塗装をしても
劣化してしまい・・・
何年かごとに塗装をし直したりするのだそうです。


日本人の感覚では、商品にならない様な中古車が


海外で逆に人気があったりする・・・訳です・・・


この事からも、今まで乗っていた車を
下取や買取に出す時に


日本人の感覚だけで、価値を決めてしまっては
損をしてしまうので・・・


以下に紹介する記事を参考に
車買取店に負けずに、上手に車を売ってください



中古車買い取りサイトへのリンクです
楽天市場の中古車一括査定!







多過走行車を 高く売るコツ


輸出業者に高く売れる車種どうか?
事前に情報を集める事です。


↓詳しくは以下の記事を参考に


過走行車・古い車・ 売れないと思わないで


中古車買取店攻略! 商用車は高く売れる!


解体料を請求されたら 損しないこの方法


車を高く売る為に 言ってはいけない・・・事


姉妹サイトの人気記事です


車を高く売る交渉術    車を高く売る7つのステップ 





あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






中古タイヤを買ったけど入れ替えが出来ない! ←前の記事 

次の記事→トヨタ ガイア 不人気車をねらえ!

↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote