今回紹介する、不人気車は


トヨタ ウィンダム(2代目V20系)です




以前に紹介したアバロンと同じで
アメリカンなトヨタ車であります


参考記事
アバロン不人気車をねらえ


トヨタのFF高級セダンという位置づけでデビューした
ウィンダムは、発売当初(平成3年9月)には
なかなかの人気を誇っていたのですが


平成18年2月を最後に、絶版車となってしまいました。


が・・・
海外ではレクサスESという名前で
現在も発売されている人気車種であります


アバロンの時にも、そうだったのですが・・・
海外(特にアメリカ)で、人気の車種は
日本国内では、人気の出ない事が多く・・・
不人気車として、安く売られるパターンに陥ってしまうようです


やはり、デザインの好みや
排気量によって、自動車税が変わったりする事が
日本国内で人気の出ない原因なのでしょうか?


しかし・・・
私は仕事上、様々な車種を運転する訳で・・・


何も考えず、先入観も持たずに 車を運転し・・・


「え、っ! この車・・・意外と乗り心地が良いじゃん」


っていう事も、たまにはある訳で・・・


(逆に、何でこんな車が?・・・って事もありますが・・・)


このウィンダムは
乗ってみると、かなり良い 乗り心地な・・・
性能の良い車と感じた、車種のひとつであります


ウィンダム(2代目V20系)の良い点は 


前のモデルよりもひと回り大きくなって
GOA安全ボディで
セルシオ並と言っても良いくらいの室内スペース


また、上級グレードのGには
車体を常にフラットに保つ
スカイフックコントロールで乗り心地が良い点


スカイフックTEMSとは
路面の凸凹やハンドル操作による
車両の挙動変化を ショックアブソーバーが制御
吸収することにより、最適な減衰力制御を行い
乗り心地と操縦安定性を料率させる装置です
(取扱説明書より)


また平成10年8月からは
当時のFF車としては始めての
車両安定性制御システムVSCを採用しています


VSCとは
ABS・ブレーキアシスト・トラクションコントロール
EFI などを総合的に制御し
急激なハンドル操作や滑りやすい路面での
旋回時の横滑りなどを制御する為に
自動的にブレーキやエンジンの出力を制御して
車両の安定を確保しようとするシステムです
(取扱説明書より)


(私の)オススメは平成11年8月以降のモデル・・・
マルチリフレクターのディスチャージ(HID)ヘッドライトだし


インテリアも木目がふんだんに使われたりして
高級感があり、好感がもてます


中古のウィンダムがいくらで売られているのか?
以下のリンク先を参考にして下さい


カーセンサー ウィンダム


Goo-net ウィンダム





あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






D− 4エンジン車の選び方←前の記事 

次の記事→トヨタ アリオン 多過走行でも高く売れる


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う? 中古車購入法


姉妹サイト作成中です
車を高く売るホントの方法


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック