前回の


まずここが高い! 新車よりも高い中古車


から続いております。


この話題を初めから読む場合はこちらから
新車よりも高い中古車に注意!


諸経費 以外にも・・・


新古車が、


新車より高くなってしまう原因とは?


お話を続けましょう・・


・・・・・・。


自動車・・・特に、新車を買う場合は
車両本体だけでなく


必要な物が出てきます。


そうです 付属品の事です・・・


この、付属品に


新古車(中古車)が新車よりも高くなってしまう
原因のひとつがあるのです。




例をあげてみますと・・・


代表的な付属品と言えば・・・


フロアマットでしょう・・・。


新車で自動車を購入する人のほとんどが
フロアマットを購入するはず、と思います。


車種ごとに、床のデザインが異なっているのが当たり前の最近では・・・


どんな車にもフィットする汎用品は、ほとんど無く・・・


車種ごとの専用デザインの品物を購入する事がほとんどだと思います。


当然・・・カタログにも表記されている
自動車メーカー純正品を購入される場合が多い事でしょう・・・


しかし・・・


この世の中・・・
色々な製品が出回っていて・・・


この、車種ごとの専用デザインのフロアマットにも


類似品・・・というか・・・社外品が存在するのです。


純正品と社外品を見分けるのは簡単です。

フロアマットの模様やデザインが同じでも
(基本的には)自動車メーカーのロゴが入っているか?
入っていないか?を見分けるだけです。

どちらが本物か?の説明はいらないでしょう・・・


でも、この社外品の品質が悪い訳ではありません


品質は良い物です・・・。


でも、販売価格は(純正品より)安い物です。


この・・・


販売価格が安いフロアマットを、


新古車を販売する時に、純正品の価格を提示して、


純正品とほぼ同じ価格で、お客さんに販売するのです。


・・・・・・。


その他の付属品も同様です。


社外品を純正品と同等の価格で売る事で
利益をあげるのです。


よくある例は・・・

フロアマットとサイドバイザー
そしてナンバーフレームの3点セット
です。

個別に仕入れるよりも、セットで仕入れた方が
自動車販売店の仕入れ値が安く・・・

新古車購入のお客さんに
3点セットでの付属品の購入を勧める
パターンが多いようです


新古車を販売する自動車販売店が・・・


付属品をセット販売する事で


新車よりも合計金額が高くなってしまう事が
少なくありません・・・


なぜなら、新車販売時には
フロアマットは、サービス品として
無料で提供されたりする事も
少なくないからです。


商談すれば無料になってしまう様な付属品を
しっかりと販売する事で


新車よりも新古車が高くなってしまう例が、少なくないのです。


しかも、その付属品は、安価な社外品だったりもする訳です・・・


長くなってしまったので次回へ続きます・・・





あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






まずここが高い! 新車よりも高い中古車←前の記事 

次の記事→ここも落とし穴!新車よりも高い新古車


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法


姉妹サイト作成中です
車を高く売るホントの方法


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック