TOP > 中古車選び、私なら > 事故車の見分け方・・・

中古車選び、私なら ]

事故車の見分け方・・・

久しぶりの更新で申し訳ありません。

次の更新を待っています。
次の更新はいつですか?
等の、メールやコメントを頂きまして、ありがとうございます。
大変、はげみになります。

今回は・・・
実際の接客時や、個人的な付き合いがある人達・・・
また、当サイトの読者の方々からも、要望の多い・・・

中古車の、事故車(修復歴ありの車)の見分け方
についてのお話をさせて頂こうと思います。



・事故車(修復歴ありの車)とは?

勘違いされている方も少なくないのですが・・・

我々、自動車販売をしている業者(等)が決めている
事故車(修復歴ありの車)の定義は・・・

交通事故にあった事がある車・・・ではないのです。

軽い事故にあって、バンパーを交換したり、
凹みを直して、鈑金塗装をした・・・
などでは、事故車(修復歴ありの車)にはなりません。

我々、プロの業者が言う、事故車(修復歴ありの車)とは、
車のフレームを修理しいている車を
事故車(修復歴ありの車)と、呼んでいるのです。

・自動車売買のプロは、確かに・・・

確かに、我々業者は、事故車かどうか?
見分ける方法を勉強し、見分けることが仕事になっています。

買取希望のお客さんが来店された時や、
下取りを行うときにも、事故車かどうか?見分けられなければ
下取りも買取も値段が出せないって事になりますから・・・

・その方法を教えて・・・

我々・・・自動車売買業者が行っている、
事故車を見分ける方法を、教えて欲しい・・・
と、よく言われるのですが・・・

これが、なかなか難しいものなのです・・・
(簡単だ・・・と、言う方もいるのですが、私は簡単とは思いません)

それというのも・・・
こんな現状があるからです。

・事故車を見分けるのが仕事の人でも・・・

自動車買取の大手企業・・・
例えば、ガリバーなどでは、加盟店や直営店のスタッフ向けにも、
事故車を見分ける講習会を行っていますし、
見分け方のマニュアルも存在します。

また、事故車を見分ける事が仕事の大部分である・・・
(自動車)業者オークション会社の(車両)検査員も、
講習を受け、テストにパスしてから、
正式な検査員として、車両の検査を行っています。

しかし・・・上記のような、方々でも、

事故車を100パーセント見分けてはいないのが現状なのです。

・と、話をすると・・・

先のように話をすると・・・

信じられ無い・・・
と、いう方もいるのですが・・・

本当なのです。

と、言うのも・・・

業者オークションで、事故車ではないと、評価された車を落札し
その後、現車を整備したら事故車であった・・・
などという事は、めずらしい事ではないのです。

人間が作業するのですから・・・
見落としや、間違いは避けられない事ですし・・・

部品を外さないと見えない場所に、
事故車の証拠が隠れている事もあるのです。
(それだけが原因ではないのですが・・・)

・ですから私は・・・

友人など親しい人から・・・

「○○の自動車屋で売っている車が安いんだけど、どう思う?
事故車かなぁ?・・・」
とか、

「ネットオークションに出ている車が安いんだけど、
事故車かどうか見てくれない?」

などと、言わる事がありますが・・・そんな時は・・・

あらかじめ、事故車かどうか見分けてから買うのではなく・・・

買った後で、事故車だった場合は、全額返金してくれるか?
確認してから買った方が良いよ

と、アドバイスするのです。

・とは言っても・・・

先のように、友人にアドバイスすると・・・

そうは言っても・・・
返金してくれるって言われた場合でも、
その売り主に返金できるお金があれば良いけど、
相手が個人の場合など、
払ったお金を使っちゃって返金できない・・・なんて場合はどうするの?

と、言って来る人(友人など)がいます。

(私は)そう言われた場合には・・・

だから、高く売っていても(新車)ディーラーが商売になっているんじゃない?

と、言うことにしています。

また、実際にそうだと思っています。

高くても安心を買いたい方もたくさんいるので、
新車ディーラーは、中古車を売る場合、安くは無い代わりに
安心をセールスして商売にしているのです。

・結局どうすれば良いか?

粗悪な車を高く売っている悪徳業者は別として・・・

安い買い物はリスクが高く・・・
高くなるにしたがって、リスクが低くなっていく傾向があるのも事実です。

しかし・・・リスクを回避するには、
中古車も(新車)ディーラーで買いましょう!
と、提案しているのではありません。

ディーラーであっても、逆に規模の小さな車屋であっても、
店選びが重要である・・・と、言いたいのです。

車を選ぶ場合には、その車1台に対してだけ、
気をとらわれがちになってしまいますが・・・
車を選ぶのと同じように、その自動車販売店についても、注意することが・・・

事故車を見分ける方法を勉強するよりも、
事故車を(だまされて)買わない(簡単な)防衛法である・・・と、
(私は)思うのであります。




◆関連記事◆

現状販売とは?

整備渡しとは?

自動車購入契約の注意点

どこから中古車を買うか?を攻略!

現車のここをチェック 中古車購入のコツ

中古車購入の諸経費をチェック



あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






こんな所でも、自社ローン ←前の記事 

次の記事→今こそ、燃費の悪い高級車



↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法



この記事へのトラックバックURL

コメント投稿フォーム