前回からの続きです。。


この話題を始めから読む場合は、こちら
このご時世で、勘違い人間が・・・


またもや、話が長くなってしまっています。
この話題に関心が無い方・・・ごめんなさい。


私が、何を言いたいのか?
そして、当サイト読者の皆さんへ・・・お話を続けたいと思います。




前回にありました・・・この部分を思い出して下さい。


勘違いをしている人達は・・・(中略)・・・


間違いを他人のせいにしたり、隠そうとしたり・・・


最後には、開き直ってしまう傾向が強いと思うのです。



ここが、1番のポイントです。


(この話題に登場した)タイヤ問屋のA君も・・・
トヨタディーラーの人達も・・・


自分(達)の間違いを認めようとはせず・・・
お客さんへの謝罪は、形式的な対応で・・・


お客さんが想像も出来ないような・・・対応しかしていません。


タイヤ問屋の場合は、上司に話の分かる人がいて、
お客(私の会社)へ、きちんと謝罪してくれましたが・・・


トヨタディーラーのケースでは、
誰も本気で謝ろうとしているとは、(記事から推測するには)
とても思えないような対応しかしていません。


でも・・・このような話は、めずらしくなく・・・
私は良く耳にし、体験もしている話です。


この原因には、マニュアル通りにしか仕事が出来ない・・・事や、
謙虚さが足りず、自分を客観的に見られないこと・・・
が、ある(と、思う)のですが・・・


それ以外に・・・最近・・・
いつ会社をリストラされるかも知れない・・・
と、いう恐怖感を自動車販売店のスタッフ等が持っていることが・・・
被害者を増やしていると(私は)思うのです。


自動車販売店では・・・自動車が売れなくなっているのは、
皆さんも、ニュースなどで知っている事でしょう。


自動車販売店の経営者側からすれば・・・
役に立たない従業員は、いつでも辞めさせたい・・・と、考えている事も、
想像して頂けるでしょう。


私が付き合いのある、自動車業界の人達に聞いても・・・
自分は絶対にクビにならない自信がある人などいません。
皆、リストラされないように、気を付けている人ばかりです。


これは、小規模な自動車屋さんから、
大規模な新車ディーラーまで、同じ事です。

そんな自動車販売店のスタッフになったと想像してみて下さい・・・


あなたは、重大なミスをおかしてしまいました。
上司に知れたら、クビになってしまう様な、ミスです。


正直に上司に話をして、会社をクビになりますか?
それともミスを隠しますか?


たったひとりのお客さんへのミスで、
会社をクビになるかも知れないなら・・・
そのお客さんは捨ててしまおう・・・

最近は・・・そのように考える人が、
増えている・・・と、(私は)感じています。


正直に上司に報告したら・・・
その上司が、部下の責任を取らされてしまうのを恐れて、
ミスを隠す場合も少なくないでしょう。


巻き込まれてしまわないように・・・


善良なる当サイト読者の皆様・・・


ここまでに登場した様な人達は、現実にいるのです。
そして、いつあなたに被害を及ぼすかも知れないのです。


自動車販売店のスタッフを、やみくもに怖がる必要はないと思いますが・・・
信じすぎてはいけないと思います。


新車のディーラーだから、何でも信用してしまったり・・・
今まで間違いが無かったから、まかせっきりにしてしまたりしてはいけません


今まで良い人(販売店)だったのに、
急に事情が変わってしまうこともあるのです。


被害にあった方から、よく聞く言葉があります・・・
「信用してたのに・・・」です。


相手は人間です・・・間違いがあって当然なのです。


また・・・
お客さん側から見れば、自分を担当したスタッフはひとりでも・・・
スタッフの側から見れば、
あなたは、大勢いる、お客さんのひとりにしか過ぎません・・・


私が、ここまで長々とお話させて頂いたこと・・・を、
常に頭に入れておいて・・・自己防衛されて下さい。


次回からは・・・
やっと、別な話題に移りたいと思います。





姉妹サイト 自動車ローン攻略 人気記事


自動車ローン・ 何件か断られた人に提案

ローンが組めない、 保証人がいない場合は?

自動車ローンが通らない原因とは?

通らない時はどうすれば良いの?

ローン支払い中の車を売りたい



あなたのポチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします





ディーラーが何でこんな対応をしてしまうのか?←前の記事 

次の記事→


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック