TOP > 購入前の簡単チェック > 浸水車(水没車)を見分けるテクニック

購入前の簡単チェック ]

浸水車(水没車)を見分けるテクニック

冠水した道路を走る車

みなさんこんにちは、いかがお過ごしでしょうか?

今日の話題は・・・

またもや、ネットで自動車関連のニュースを見ていて、
思った事であります。

そのニュースが・・・

みなさんが、中古車を選ぶときに、
気を付けて欲しい事・・・
中古車をチェックするポイントになる・・・

と、考えました。

そのニュースとは・・・

ハリケーン「サンディ」で被災した車が日本の中古車市場に流れる!?

と、いうニュースです。



アメリカ車の話だから関係ない?

2012年10月に、アメリカ北東部を襲ったハリケーン「サンディ」は、
20万台もの自動車が、水に浸かった(浸水した)・・・
と、言われています。

ニュースでは、
その浸水した車のうち、1万5千台の車両が、
飛行場に集められている・・・

と、報道しています。

そして、これれの車両が、
中古車市場に流れるであろう・・・
と、警告しているのです。

「なぁんだ・・・アメリカの浸水車なんて関係ない・・・」
と、思った方もいるでしょう・・・

確かに、これらの車両は、アメ車がほとんどでしょうし、
日本車の場合でも、左ハンドルですから・・・

並行輸入のアメ車や、左ハンドルの日本車を買わなければ大丈夫・・・

と、いう事になりますが・・・

水没車を売る人は日本にもいる

私が、心配しているのは・・・

アメリカ人にも、浸水車をだまして売ろうとする人がいるのなら・・・

日本人にも、浸水車を売る・・・悪い人だっている・・・
と、思うからです。

実際に、私の知る範囲でも、
浸水車を売っていた、中古車販売店もいましたから・・・

日本は、台風の多い国です。
もちろん、浸水被害を受ける自動車もたくさんあります。

中古車オークションに、出品されている車の中には、
浸水車も含まれています。

その数は・・・みなさんが想像するより多いのでは?
と、私は、思っています。

当サイトを訪問して下さった、
善良なる皆様は・・・

浸水車をだまされて、買う事が無いように・・・
と、ちょっとした、アドバイスをさせて頂きます。

我々、プロなら、浸水車を見抜くべく、
細かくチェックする知識をもっていますが・・・

その全てを、みなさんに行ってもらうには、
大変な作業になってしまいます。

そこで、簡単なチェックポイントをお教えします。

中古車をチェックする時・・・

フロアマットの下を、チェックしてみてください。

フロアマットの下にある、内張が、異常に濡れていたり、
細かい砂利(川砂)が、多くあったりした場合は・・・

要注意です。

もちろん、浸水車でなくて、良い車であっても、
上記の様な、状態になっている車両もあります。

水没車を買わないための簡単な方法

ここから、もうひとつチェックです。

上記の様になっていた場合は・・・

「中古車販売店に、内張を少しはがして見せて下さい。」

と、頼んでみましょう。

自動車屋さんなら、ちょっと内張をはがすぐらいは、
簡単な事です。

内張の下・・・

金属部分や、配線などに、
砂や、泥がついていなければ・・・

100パーセントとは言えませんが・・・

安心して良いでしょう。

また・・・
購入後に、浸水車だと分かったら、

キャンセルしてくれるか・・・

確認する事も、お忘れ無く・・・



 関連記事 

人気車はこう攻略!

不人気車をねらえ!

中古車情報検索サイト攻略!

どこから中古車を買うか? を攻略!

カーセンサーって・・・





あなたのポチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






当サイトのアクセスが・・・ ←前の記事 

次の記事→


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う? 中古車購入法




ネクセンタイヤは大丈夫?



コメント投稿フォーム