TOP > 悪い車屋・スタッフ | 車関連ニュース > まだまだ無くならない、悪い車屋

悪い車屋・スタッフ , 車関連ニュース ]

まだまだ無くならない、悪い車屋

こんにちは、
「車屋の私がお客になったら・・・」
管理人のcarsutaです。

今回のお話しは・・・

まだまだ、悪い中古車販売店が無くならないんだなぁ・・・

と、
ある中古車販売店のニュース記事を引用しての、お話しであります。

その中古車販売店は、
事故車(修復歴ありの車両)を、

修復歴無し・・・と、

中古車情報誌に掲載していました。



そのニュースを、以下に引用します

消費者庁は、2013年4月5日、
株式会社スーパーレッズ及び有限会社レッズ宇都宮に対し、
景品表示法第6条の規定に基づき、措置命令を行った。
スーパーレッズ及びレッズ宇都宮が供給する中古自動車に係る表示について、
景品表示法に違反する行為(同法第4条第1項第1号(優良誤認)に該当)が認められた。
優良誤認の内容としては、オートオークションからの仕入れ時に提示される出品票に、
車体の骨格部位が損傷するなどの修復歴を示す記号が記載された修復歴があるものであった車両を
中古自動車情報誌に、あたかも当該中古車が骨格部位に修復歴がないかのように示す表示をしていたものである。
消費者庁からは、今回の中古自動車の表示内容について、一般消費者に対し、
実際のものよりも著しく優良であると示すものであり、
景品表示法に違反する旨を一般消費者に周知徹底すること、
再発防止策を講じて、これを役員及び従業員に周知徹底すること、
今後、同様の表示を行わないことが命令された。

このニュースに出て来た、中古車情報誌は、
Gooの北関東版でありますが・・・

Gooとしては、どうしようも無いことです。
(Gooは悪くない・・・という意味で)

Gooなど、中古車情報誌に掲載される車両の情報は、
中古車販売店の自己申告のみです。

中古車販売店側が、嘘をついていた場合・・・
その嘘のまま、誌面に掲載されてしまいます。

Gooなど、中古車情報誌側は、
中古車販売店を信用するしかありません・・・・。

善良なる、当サイト読者の方々は、
どうやって、そのような嘘を見抜けば良いのか・・・?

当サイトでは、
今までに、数々の記事の中で、

悪い車屋の例や、その見抜き方、
対処法などを、紹介してきました。

その記事を参考にして下さい。

参考記事
事故車の見分け方・・・
現車のここをチェック 中古車購入のコツ
事故車なのに事故車じゃない?
事故車を知らずに 買ってしまわないために・・・

また、個別の問題に対しては、
トップページのメールフォームや、
コメント欄(スマホと携帯のみ対応)を、利用して・・・

遠慮無く、ご質問ください。

トップページリンク
自動車 中古車 知りたい事は?

最後に・・・

私の考えとしては・・・

このような、事故車を事故車ではない・・・とか、
走行距離をごまかしたり・・・などをする中古車販売店は、

永遠に無くならない・・・

と、思っています。

と、付け加えさせて頂きます。





関連記事・エピソード

「メーター戻し」の手口と対策

悪い車屋が出来る理由

悪い車屋の手口

ディーラーが、こんな事をしました

もっともクセの悪い車屋




あなたのポチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






注文で車を買うのと、展示車を買うのではどちらが得か?←前の記事 

次の記事→


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法



この記事へのトラックバックURL

コメント投稿フォーム