TOP > 車関連ニュース > フォルクスワーゲンの排ガス不正問題に思う事

車関連ニュース ]

フォルクスワーゲンの排ガス不正問題に思う事

街角のフォルクスワーゲン

当サイト読者の皆さん・・・
お元気ですか?

ようやく、秋らしい気候になって来て、
過ごしやすくなって来たのではないでしょうか?

当サイト「車屋の私がお客になったら」
管理人のcarsutaです

今回の話題は・・・

某地方都市の、
しがない自動車販売店の店長が、意見するには、
恐れ多いお話しだと、前置きしてからお話したいと思います。

どんな話題かというと・・・
フォルクスワーゲンの排ガス不正問題について・・・のお話しです。



フォルクスワーゲンの問題とは?

一応・・・
知らない人のために、簡単な説明をしておきます。

独フォルクスワーゲン(VW)が、EPA(連邦環境保護局)から、
2リットルターボディーゼルエンジンのECU(エンジン制御ユニット)に、
排出ガス検査を不正にパスする違法な制御プログラムが組まれていると指摘された・・・
という問題です。

難しい問題の無いようについては、
専門家の方におまかせする事にして・・・

私が、今回お話したいのは、
ディーゼルエンジン車についての事なのです。

アメリカの意外なディーゼル事情

誤解が無いように・・・お話しますが、

日本では、ディーゼル車というと、
軽油を使う事で、
燃料代(ガソリン代)を安くするための車だという認識をされている方が、
多いと思います。

しかし、アメリカでは、
軽油の方が、レギュラーガソリンよりも、
価格が高いのです。

なぜ?ディーゼル車が・・・

では?
なぜ、価格の高いディーゼル車が販売されているのか?・・・

と言うより、
欧州では、近年・・・
ディーゼル車に力を入れているのですから・・・

ディーゼル車に対して、
燃料代にしか、魅力を感じない日本人からすると、
不思議な事なのではないでしょうか?

ガソリン車以上の魅力があるんです

しかし、ディーゼル車には、
ガソリン車よりも優れた性能があるんです。

それは・・・
「力がある」という事です。

ここで勘違いして欲しくないのは、
力がある・・・と言っても、
馬力が有るのではありません。

トルクが大きいのです。

自動車に詳しくない、年配者や、女性の方にも分かりやすく・・・
が、モットーの当サイトですから、

この事を、(かなり)簡単に説明しますと・・・

馬力が大きい車は、最高時速が高く、

トルクが大きい車は、
発進時や、追い越し時などの、瞬発的な加速が良く、
坂道での加速などの性能に優れている・・・

と、いうメリットがあるのです。

特に、ディーゼル車は、
低回転で、大きなトルクを得らる・・・
という特性があります。

ですから、力のあるディーゼル車は、
荷物を積む、トラックなどに使われるのです。

昔・・・バブルの時代に、グアム旅行で、乗ったバスが、
ガソリンエンジンだったため、
坂道を上るときに、かなりの低速になった事があり、
この時、
「やっぱり、バスはディーゼルじゃなければ・・・」
と、思った事を思い出しました。

ディーゼル車について、理解を深めて下さい

いったい、何が言いたいのか?

フォルクスワーゲンの排ガス不正問題と、何の関わりがある話をしたいのか?

私が言いたいのは・・・

ディーゼル車って、
優れた性能のある自動車なのです。

決して、燃料代のためだけに存在しているのではないのです。

ディーゼルエンジン特有の、
音の大きさと、排気ガスの問題さえ無ければ、

とても優れた、実用的なエンジンなんです。

ディーゼルエンジンを搭載した乗用車を販売しているのは、
フォルクスワーゲンだけではありません。

欧州では、BMWやメルセデス・ベンツ・・・
日本ではマツダなどが、ディーゼル車に力を入れています。

どうか、
今回の問題は、フォルクスワーゲン社だけで留まって欲しいと思っています。

近年・・・
クリーンディーゼルエンジンの登場で、

消えてしまうのでは?
と思われた、
ディーゼルエンジンを搭載した乗用車の人気が高まっていました。

このディーゼル乗用車の発展が停滞してしまわないよう・・・

切に願う・・・
地方の自動車販売店の店長なのでした・・・。






あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






中古車販売店が保証しない、中古車保証に注意! ←前の記事 

次の記事→



↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法





この記事へのトラックバックURL

コメント投稿フォーム