郵便局で自動車販売

皆さんこんにちは、


当サイト「車屋の私がお客になったら」
管理人のcarsutaです


当ブログを立ち上げてから、早9年と5ヶ月・・・


おかげさまで、アクセスして下さった方が、
800万人を越えました。


見て頂いたページ数は、
1,950万ページに達しようとしております。


仕事の合間に更新してきたこのブログですが、
よく続いた物だと、思っていますし、


このブログを訪問して下さった、
皆様のおかげだと思っております。




さて、今日の話題は、
「郵便局で、中古車を売るようになる」
というニュースを取り上げたいと思います


2016年2月上旬から、
ガリバーと業務提携して、
郵便局で中古車を販売するそうで・・・


店舗数にして、
日本最大の中古車販売網になるわけです。


現在、ガリバーが持つ店舗数、
480店舗に対し、


郵便局は全国に24,000店舗もあります。


これは、単純に凄いことなのですが・・・


どの程度の顧客満足度が得られるのか?・・・


長年、自動車販売をしてきた私から見ると、
その点が気になってしまうのです。



中古車の場合、
車両の状態がどの様になっているのか?


お客さんが満足する状態なのか?


とても重要な事で、


この点がクリア出来なければ、
「郵便局から中古車を買ったら失敗した!」
という評判が増えて、


あっという間に、客離れが加速してしまうことでしょう。


私の様な、
古くからのやり方で、中古車を売っている者にとって、


お客さんとのやりとりで1番気を付けなければいけないのが、
「信用を得る」という事です。


現在の自動車は、性能が良くなり、
昔よりも故障などのトラブルは減っているとはいえ、


人間が設計して、人間が作る、機械に過ぎませんから、
故障はあって当たり前の事です。


我々自動車販売店は、
「トラブルがあった場合の対応」
で、お客さんから評価されていると私は思っています。


この「郵便局での中古車販売」は、
販売後に、どの様な対応を取っていくのか?
今後(私は)楽しみなのであります。



この様にお話しすると、
「郵便局には、自分たちの様なサービスが出来ないだろう」
「自分の方が、中古車を売るノウハウが優れている」
と、郵便局の中古車販売にケチを付けているのだろう・・・


と、思う方がいるかと思いますが、
そうではありません。


時代が進むと、
社会は、どんどん変化していく物です。


今まであった職業が無くなってしまい、
新しい職業が生まれていきます。


私が、現在行っている仕事も、
いずれは、無くなって行くのかも知れません。


私は、現在にしがみつこうとは思っていません。


時代が変化するなら、
いち早くキャッチし、


次なる展開に乗り遅れない様にしたいと思っています。


それって、
ワクワクする物だと思いませんか?


私が、自動車販売店で働き出した当時は、
メーター戻しや、事故車を事故車じゃ無いって売る事など、
当たり前の様に行われていました。


ですが、
時代の変化により、そんな商法は通用しなくなりました。


それ以外にも、
自動車業界の中だけでも、
ずいぶんと時代の変化を見て来ました。


今後・・・
また、どの様に変化していくのか?


郵便局での中古車販売が成功すれば・・・


近い将来、
中古車を、郵便局で買うのが当たり前の未来がやって来るかも知れません。


少しでも長生きして、
色んな事を見ていきたい・・・と思う私なのでした。







あなたのポチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします


imageox





自動車保証・自動車保険、このキーワードに注意 ←前の記事 

次の記事→



↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法




タグ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote