TOP > 車関連ニュース > ネットで自動車販売が主流になる為に必要と思う事

車関連ニュース ]

ネットで自動車販売が主流になる為に必要と思う事

車ネット販売

今年ももうあと1日となりました。

当サイトをご訪問下さった皆さんにとって、
今年は、どんな年だったですか?

私はと言うと、プライベートの方は、
基本的には、ほとんど変化の無い年でしたが、

自動車業界にとっては、

確実に、
新時代に突入してきているなぁ・・・

と、
感じる一年でした。

来年は、
どんな一年になるのでしょうか?

どんな新車が発売されるのか?

また、
どんな新技術が登場するのか?

ワクワクする気持ちでいっぱいです。



やはり、
今年の話題は、

自動運転の車に関するニュースが多かった事が、
思い出されます。

それに関して、
既存の自動車メーカーでは無く、

Googleなどの、
自動車メーカー以外の会社が、

次々と、
自動運転の自動車へ投資し、

いずれ、
グーグル○○・・・なんて予想も付かない名前の自動車を発売する事になるでしょう。


そうなると・・・

Googleの自動車は、
どの様な方法で販売するのか?

自動車販売に、長年関わっている私にとっては、
興味深い事柄であります。

私が予想するのは・・・

やはり、
ネットでの新車販売が主流になるのでは?

と言うことです。

楽天や、Amazon、Googleなどの
ショッピングサイトで、

ワンクリックで、自動車が家庭に届く・・・

そんな時代が来ると思っています。

新車ディーラーのショウルームで、
セールスマンと値引きの交渉をする・・・

そんなシーンも、
過去の物になって行くだろう・・・と思います。

現在も、
ネットで自動車を買う事が出来ますが、

まだまだ、一般的ではありません。

これが、
Google等が、自動車を販売することになれば、

劇的に変化していく事になるでしょう。

ネットでしか販売しない・・・
という方法で販売すればの話ですが・・・

ただし・・・
日本の場合は、

車庫証明や、車検、登録など、
複雑な手続きが必要になるので、

ネットで自動車を注文し、
数日で、自宅の玄関前に自動車が届く・・・

という、
単純な流通の流れにはならないでしょうが、

車庫証明が、ネットで申請出来る様になったり、

登録もネットで完了したり・・・

この2点については、
技術的には、現在も可能だと思います。

最大のネックの、車検については・・・

新車の場合、自動車を販売する側で、
車検を受けてから、自宅に届ければ言い訳ですし・・・

遠方などの場合も、
マイナンバー制度を活用し、

範囲が決まっている、陸運局の管轄を、
どこの陸運局でも、全国の車の登録が出来る様に、
改正すれば可能な事だと思います。

そうなると・・・

私の様な、
店舗を持って自動車を販売する為の人間はいらなくなってしまいますね。

でも、これも時代の流れ・・・
致し方の無い事だと思っています。

・・・・と、
今回は、なんだか未来の事について、話してしまいましたね。

皆さんには、どんな未来が待っているのか?

それでは、
来年も、当ブログをよろしくお願いします。

良いお年を!






あなたのポチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします

<広告>

注目
あるポイントを知れば、借金はすぐに減る。
122人の借金完済を実現した、本物のテクニック
借金返済マニュアル





自動ブレーキについて再確認を… ←前の記事 

次の記事→



↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法





この記事へのトラックバックURL

コメント投稿フォーム