TOP > 私ならこんな購入法で > 欲しい車種を決める前に、これをやってみては?

私ならこんな購入法で ]

欲しい車種を決める前に、これをやってみては?

車選び

皆さん今晩は、
ようやく冬らしい寒い日がやって来ましたね。

寒さ対策はバッチリですか?
風邪などひかぬようにして下さいね。

image

この時期から、
新卒者(新社会人)の方々の、自動車購入の需要が高まってきます。

車離れの話も聞きますが、
私の住んでいる地方では、自動車がないと、通勤に不便なので、

昔よりは少なくなりましたが、
やはりこの時期は、それなりに自動車が売れ時期なのであります。



そこで、今回のお話しは・・・

失敗しない車種選びの方法について、
私が実践している事をお話しさせて頂きます。

私が若い頃は、
どんな車種が欲しいか?

それは、
男子ならば「デザインが格好いい」が1番のポイントだったと思いますし、

image1

女子ならば、「見た目がかわいい」という、
男子と同じく、
車をデザインで選ぶ事が
ほとんどだったと思います。

しかし、
最近は違いますね・・・

燃費や、維持費、などの経済性の理由が、
最優先で、その次にデザインが来るようになっていますね。

私が店頭で接客していると・・・

しかし・・・
私が店頭で、お客さんと話していると、

自分が、どんな車を買った方が良いのか?
迷っている方も多いですし、

間違いや勘違いした知識を元に、
車選びをしている人が多いと感じます。

そんな場合、
私が実践している事があります。

それは、
お客さんが自動車に求めていることを、
書き出してみる・・・という事なのです。

こんな感じでです。

  • 燃費の良い車
  • 乗る人数は最大5人
  • セダンは嫌い
  • 駐車場のスペースが決まっている
  • 雪道に強い方が良い
  • 維持費もなるべく安く

この様に、
具体的な条件を出して頂けると、

どんな車種を選べば良いのか?
ハッキリしてきます。

先の例ならば、

5人乗るという事は、軽自動車は候補から外れますし、
駐車場のスペースから、大きさも絞ることが出来ます。

そして、予算が決まれば、
どんな車種が該当するか、提案出来ますし、
新車にするか?中古車にするか?

などの話もスムーズに提案出来る様になるのです。

自分の条件を箇条書きにしてみると

当サイト読者の皆さんも、

自動車を買う前に、
この様に、条件を箇条書きにして、

新車ならば、カタログで・・・
中古車ならば、ネットなどで、カタログ情報を見てみると・・・、

具体的に、
どんな車種を選べば良いか?が見えてくるはずです。

そうすれば、
買った後に後悔することが少なくなると思います。

一度買ったら、数年間は乗ることに

でも、
意外と多いんです・・・

欲しい車が決まっている人で、
その車じゃ、後々不満が出るだろう・・・

と、思われる人が・・・

そんな時、私は・・・

後々不満が出るだろうポイントを説明し、
納得してもらってから、買ってもらう事にしています。

私も,若い頃は、
お客さんが欲しいという車種を、
何も考えずに販売してきました。

しかし、
後から、「あの車を買って失敗した」とか、

「思っていたのと違う・・・」

なんて言葉を、お客さんから聞くうちに、
考えが変わってきたのです。

裕福な人ならば、
短期間で買い替えする事も可能でしょうが、

ほとんどの人は、
自動車を買うと、数年は乗ることになります。

その数年間・・・

不満を持ちながら車に乗るなんて、
なんと不幸な事でしょう・・・

お客さんが欲しいという車種を、
「はい、どうぞ!」
と、売るだけでは、

スーパーのレジ係みたいな物です。
(偏見がある訳ではありません。誤解の無いように)

やはり、
数多くの自動車に関わっている、我々が、

お客さんに満足してもらえるように、
色々と提案していかなければいけない・・・

と、考えています。

まとめ

話は、ちょっとそれてしまいましたが・・・

皆さんが自動車を買う場合、

ただ欲しい車種を漠然と決めるのでは無く、

どんな車種が自分に合うのか?
も、考慮すれば、

意外な車種が、候補に挙がったりするので、
それもまた、楽しいものですよ・・・

と、提案させて頂きます。






あなたのポチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






2015年に1番売れたトヨタアクアを私が買うなら別の車種 ←前の記事 

次の記事→



↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法





この記事へのトラックバックURL

コメント投稿フォーム