TOP > 自動車屋が儲けるのは・・ | ウラ話 > 小規模の中古車販売店は安いのか?検証してみました

自動車屋が儲けるのは・・ , ウラ話 ]

小規模の中古車販売店は安いのか?検証してみました

九月も中盤になり、
過ごしやすい日が出て来たと(私は)感じている今日この頃ですが・・・

皆さんがお住まいの地域はいかがでしょうか?

自動車販売をしていると、
暑い夏は、体力を奪われてしまう・・・

それがしんどい歳になっている・・・
当サイト管理人のcarsutaです。

前回までの記事はいかがでしたでしょうか?

中古車販売店が、
なぜ1台あたり2〜30万円の利益(粗利)を取るのか?

その内情について
お話しさせて頂きました。

まだ読んでいない方はこちらからどうぞ
中古車販売店の利益は、なぜ批判されるのか?を考える

では、今回は・・・

前回に予告したとおり・・・

オークション代行店など、
小規模の中古車販売店から買うのはお得なのか?

について、
お話ししていきます。




小規模の方が、経費が少ないから安く買える?

中古車販売店の立場から・・・

中古車販売店は、
店舗の維持費や、人件費など、
経費をかけて運営し・・・

その、経費は、
中古車を売った利益でまかなっている事をお話しました。
(詳しくはこちら→中古車販売店の経費を考える…

店舗や、人件費は、
その店の規模で、ずいぶん違いが出るのは、皆さんも想像が付く事と思います。

当然、
小さな中古車店より、大きな中古車店の方が、

店舗の維持費や、
人件費が高い事になります。

じゃあ・・・
経費の少ない、オークション代行店や小規模の中古車販売店の方が、
中古車を安く買うことが出来そうです。

でも、本当にそうなのでしょうか?

例を挙げて、現実を見てみましょう・・・

オークション代行店などの
小規模な中古車販売店は、
経費が安い事を、お客さんにアピールして販売していますね。

「経費が少ない分、安く売れるんです」
と言うのを、口説き文句(?)にしている様です。

80台ほどの展示場を持つ
私ですので・・・

小規模の中古車店の悪口を言うのでは?・・・

と、思われるかもでも、そうではありませんので、
最後まで読んで下さいね・・・。知れません。

では、前回に登場した、
私が懇意にしている日産の中古車センターをに再登場してもらいましょう。
(前回はこちら→中古車販売店の避けられない損失が原因・・・

3人の営業マン全員で、
月に平均、10台の中古車を販売し、
1台あたり30万円の利益(粗利)を取っているお店です。

月に300万円の利益(粗利)を挙げています。

では・・・
店主とスタッフ一名で運営している小規模の中古車販売店があったとします。

店主の給料を30万円、スタッフの給料を20万円と
仮定してみましょう。

二人の給料を捻出する為に、
最低でも月に50万円の利益を挙げなければいけない事になります。

1台あたり、
5万円の利益なら、10台。
3万円なら、約16.6台になります。

しかも、これは、給料だけの話です。

店舗の家賃を10万円、
その他の経費を10万円としたなら、どうでしょう。

70万円の利益(粗利)を挙げるためには、
5万円の利益で14台。3万円なら約23.3台になります。

果たしてこの数字は、
現実的でしょうか?

中には、
この数字をクリアしている小規模な店もあるでしょう。

しかし・・・
長年、自動車販売の仕事をしている私が知る限りでは・・・

現実的な数字ではないと思います。

ですから・・・
安い手数料では商売が成り立たず・・・
二重価格(等)をお客さんに提示して、
手数料以外で利益を得ている店が出てくるのです。

このブログを始めた当初に・・・

私がこのサイト(ブログ)
「車屋の私がお客になったら?…」
を立ち上げた約10年前は・・・

オークション代行店を始める人が多く・・・
ずいぶんと、お客さんを奪われたものでした。

オークション代行店の始め方のマニュアルを売る
ビジネスも溢れていました。

2重価格で利益を挙げたりせずに、
正直に営業していたお店も、たくさんありました。

しかし・・・
増えすぎて過当競争になったことや、

想定していたような台数を販売出来ずに、
沢山のお店が消えていきました。

逆に・・・

大型店舗の方が生き残り・・・
今までに無いような、さらに大きな店舗まで登場しています。

なぜなのでしょうか?

食料品のお店で比較すると分りやすい・・・

なぜ・・・
経費の少ない、小規模の中古車店が消えて、

大型店舗が、さらに大きくなって行ったのでしょうか?

1台あたりの利益が高いから?・・・

それもあるでしょう。
でも、それだけではありません。

じゃあ何なのか?

食料品などを販売しているお店に置き換えてみれば
分りやすいでしょう。

いつ頃からでしょうか・・・

街の小さな食料品店が消え・・・
イオンなどの大型店舗が増えましたよね。

小さなお店と大型スーパーとで、
同じ商品なら、どちらが安いでしょうか?

もちろん大型店ですよね。

店舗の維持費や、人件費が多いのは、
どちらのお店でしょう?

もちろん大きい所ですよね。
大きなスーパーは、小さな店と比べたら、
莫大な経費が掛かっていますよね。

これと、
中古車販売の現状とが(大きな意味で)同じと言えるのです。

そうです・・・

規模が大きいほど、
薄利多売が可能だって事なのです。

小規模な中古車販売店のメリットとは?

では?・・・

小さな中古車販売店から
車を買うメリットが無いか?

と言うと、
そうではありません。

生き残っている
小規模な中古車販売店は、専門的な店が多いと思います。

クロカン専門や、アメ車専門、
軽自動車がメインだったり、ベンツがメインだったり・・・

チューニングやドレスアップのノウハウを持つお店が多い傾向にあります。

前出の食品でも同じですよね。

アド街ック天国などを見ていると、
生き残っている小規模のお店は、何らかの特色を持っているなぁ...と感じます。
大規模の中古車店では、なかなかそうはいきませんよね。

専門的なノウハウを持てば、
その点を付加価値として、高収益を上げる事も可能です。

お客さんの側からしてみると、
マニアックな要求をかなえるには、
やはり専門の知識を持っているショップが安心ですね。

逆に、国産車をノーマルで乗る人にとっては、
大型の中古車販売店から買う方がメリットがあるでしょう。

まとめ

今回の記事はいかがだったせしょうか?

小規模の中古車販売店に、
安さだけを求める事は、あまり良い選択だとは思いません。

でも、
お客さんの要望を叶えるために、
安く売る・・・という対応をする小規模店もあります。

しかし、
安く売るためには、条件を付けなければ商売が成り立ちません。

そこで、
いっさい保証をしない「現状販売」で対応したりします。

安く買えるのなら…という事で
「現状販売」である事を了承して買ったとしても、

車がすぐに壊れてしまったら、
クレームを付けたいと思うのが、
お客さんとして、当然の気持ちだと思います。

この辺の・・・お店とお客さんとの意思の疎通が上手くいかない事での
トラブルが多いと感じます。

どうでしょう?

中古車購入では、
「どの店から買うのか?」
が、最重要だと私は考えています。

自分の希望は何なのか?
まずそれを確認し・・・

自分の希望を叶えてくれる
中古車販売店を見つけて下さい。

商談中に、
ちょっとでも怪しい・・・と感じたなら、
その店で買うのは止めましょう。

自動車は、あくまでも機械に過ぎません。

古くなったり、酷使すれば、
消耗品の交換も必要になりますし、

いずれ、壊れてしまう物だということを忘れないで下さい。

皆さんの中古車購入が、
安物買いの銭失いとならない事を願っております。





あなたのポチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






中古車販売店の避けられない損失が原因・・・ ←前の記事 

次の記事→



↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法





この記事へのトラックバックURL

コメント投稿フォーム