TOP > 走行距離改ざん

走行距離改ざん

メーター戻し・走行距離改ざんの手口と対策

悪い中古車販売店の手口の中で・・・

最も多いのが、走行距離メーターの走行距離戻しではないでしょうか?

走行メーター戻しの手口や、メーター戻しの車の見分け方を
紹介した記事を集めました

また、メーター戻しに関するエピソードも紹介しています



メーター戻し・ 走行距離改ざんの手口と対策

・・・中略・・・さて、前回予告しました走行距離の話に入ることにします。
中古車を購入してからのトラブル(購入者がだまされる)の、
横綱と言えるのが、走行距離メーターの改ざんです。

今でこそ、詐欺に問われますが、以前は甘いものでした。・・・続き

・・・中略・・・「何で変な車屋が、出来上がるか」
を、予備知識として、頭に入れてもらうと、
後の話が理解し易いと思って、長々と説明してしまいました。

「走行距離を、ごまかしている車の見分け方」を、
いくつか紹介して行きたいと思います。
よく、聞く話ですが、・・・続き

プロの車屋も気が付かないで、業者オークションから
走行距離メーターを戻した車を落札してしまう事があるので、
その事を中心に、どうやって対処するか?
についてもお話していきたいと思います。・・・続き

今回は、不幸にもメーター戻しの車を、
買ってしまうと、大変な事になる・・・
について、話して行きます。そして、対処法についての話、
もっとも悪い車屋が喜ぶ車の話へ・・・続き

前回、私が謎は解けた・・・
と、お客さんの言葉を紹介して、今回に続きました。・・・
前回はこちらを参照→
貴方は、答えが分かりましたか?・・・続き

今回は私が、オークションで仕入れをする時に
見分けている所を紹介したいと思います・・・続き

今回は、また、私が実際に見ている部分
についてお話して行きます。・・・続き

(前回)・・・これは、初級と位置付けたい、レベルのお話でした。
今回は、中級レベルのお話をしていきたいと思います。
でも、内容は・・・続き

メーター戻し関連エピソード

中古車の需要が高まるこの時期・・・地元のテレビ局 主催の
中古車フェアーに、私の会社も参加しました。
そこで・・・こんな出来事が・・・続き

メーター戻しをしている中古車販売店 B社に対し
別の中古車販売店 A社の社長が怒って・・・ケンカになり・・
仲裁に入った私だったのですが・・・続き




あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法


もっと見分ける、メーター戻し

走行距離メーター戻しを、私が見分けているポイントをお話しています。

前回は、オイル交換のステッカー類から、走行距離を予想してみる話を紹介しました。
これは、初級と位置付けたい、レベルのお話でした。
今回は、中級レベルのお話をしていきたいと思います。

でも、内容はステッカーについて・・・なのです。

ちょっと、しつこいかな?・・・と思いつつも・・・お話していきたいと思います。

ステッカーひとつでも、意外と、色んな事が見えてくるものです。

悪い車屋から見ると、このステッカーは都合の悪い物になります。

メーターを戻すのに、戻す距離以上の距離の書かれたステッカーがあれば、(当たり前ですが)メーター戻しがバレてしまいます。

そんな時は、もちろんステッカーを剥がす事になるでしょう。

メーターを戻していなければ、前のオーナーの手入れが良かった事をアピールする、良い材料になる訳ですが・・・・悪い車屋にとっては、 都合の悪い物になるのです。

そこで・・・何が言いたいか?というと・・・

今回紹介する、私が見分けているポイント

不自然にステッカーをはがしている車について、お話します。



私の経験からすると、走行距離をあまり乗らないオーナーより、

走行距離を多く乗るオーナーの方が、オイル交換はマメにやっている人が多い様です。

走行の多い人の方が、オイル交換の重要性を知っているから・・・と私は分析していますが・・・

車種にもよりますが、取扱説明書を読んでみると・・・
オイル交換は、6ヶ月又は5000kmごとに行って下さい
と、記しているのが、一般的でしょう・・・

例をあげてみますと

現在、新車から3年乗っている車で、3万kmを走行している車は、普通ならば、オイル交換を6回している計算になります。

新車1ヶ月点検(1000km時)に交換する人もいますので、7回交換していても不思議はありません。

カー用品ショップや、ガソリンスタンドでは、3000kmごとの交換を勧めている所も多いので、 10回の交換をしていても不思議はありませんが、最大の許容範囲は10回までと、思われます。

前回紹介した話のように、数枚のステッカーが残っていれば、何kmごとにオイル交換していたか?
も、予想出来るでしょう・・・・

でも、 この車のステッカーが10枚以上貼ってあった跡が残っていたらどうでしょう?
ちょっと疑いが出てきます・・・・

ステッカーの糊の跡をよーく見てみましょう、
爪を立てたりして故意にはがした跡があったら、疑いは濃くなって来るでしょう・・・・

オイル交換等のステッカーは、エンジンルームだけではなく、運転席のドアを開けた所や、ドアとメーターの間にも、 貼ってあることがありますので、そちらも見逃さない様に・・・・

自然にはがれてしまう事はよくある事でしょうが、故意にはがした跡を見つけたら、要注意と、私は判断しています。

ステッカーを故意に剥がした跡がある場合、
わざわざ剥がすには、それなりの訳がある・・・ ハズ・・・と、私は考えます。


私が、実際に車を見る場合は、まず整備記録簿を確認して、
不自然な点を探します。

次に、不自然な点があっても無くても、つじつまが合うかどうか?を、 車に残っている形跡を探して確認しています。

その確認するポイントの中に、ペダルやステッカー等があるのです。

その他にも見ている所はたくさん有ります・・・

キーワードは、(しつこいです!)
総合的に見て、つじつまが合っているか?
そして、
怪しい車には手を出さない・・・
です。

オイル交換や、クーラント交換など、を記載しているステッカーは、本当に参考になるアイテムです。

走行距離以外にも、ステッカーを見るだけで、分かってしまう事は他にもあります。

次回は、いったん走行距離から離れて、
ステッカーから分かるこんな事(仮題)をお話してみます。




あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






さらに見分ける、メーター戻し・・・←前の記事 

次の記事→見方を変えると見えてくる・・・こんな所


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法


さらに見分ける、メーター戻し・・・

私が、実際に車を仕入れる時に、確認しているポイントを紹介しています。

前回は、ペダルについてお話しました。

今回は、また、私が実際に見ている部分についてお話して行きます。

中古車を展示場で見た時に、ボンネットを開けてエンジンルームを見た事がありますか?

見た時のある人は、エンジンルームの何処を見ましたか?

エンジンルームのキレイさや、オイルのにじみなどは見ていると思います。

でも、こんな所は見ているでしょうか?

エンジンルームに貼ってある、オイル交換等のシールやステッカー類です。

「見ているよ!」って、突っ込む人もいるでしょうが、私の見方と多分違うと思うので、
私がステッカーのどこをどういう風に見ているか?
について、紹介したいと思います。



ステッカーがいっぱい貼ってあると、
「メンテナンスの良かったオーナーだったんだなぁ」
と、だけ思いがちです。

また、展示してある車を見せられた時も、説明する車屋のスタッフも、
「前のオーナーは、色々手入れをしていたので安心ですよ
と、紹介してくるでしょう。

でも、ステッカーの中身を見ないといけません・・・・

オイル交換のステッカーの場合、交換した日付と、距離を見ます。
何枚も貼っていれば、前のオーナーがどの位走行していたか?
が、予想できます

簡単に説明するために、例をあげてみます。

ワンオーナー車で、5年落ちの車の場合・・・

オイル交換のステッカーが4枚残っていたとします。

  1. 2002年4月のオイル交換時の走行距離が1万kmで、
  2. 次にあったステッカーは2002年11月のオイル交換時の距離が1万5千km・・・
  3. 次のステッカーが2003年10月で、走行距離は2万6千km・・・・
  4. 次が、2004年の5月で、走行距離は2万2千km・・・・

この車の場合、大体の年間走行距離は1万〜1万1千kmと、予想できます。
ステッカーが半年単位で残っていないのは気にしなくて良いでしょう・・・
(エンジンルーム内に貼ったステッカーが、剥がれてしまうことはよくある事です)

5年と数ヶ月経った、現在、予想される走行メーターの距離は、
5万km〜5万5千kmプラス数か月分・・・と、予想されます。

この車の現在の走行メーターの距離が、4万km以下だったりしたら、私は手を出しません。

メーター戻しを疑ってみます・・・・

(もちろん、きちんとした整備記録簿があれば別ですが・・・)

今回もお断りしておきますが、私が車を仕入れる時に大事にしている事は、
疑わしい車には手を出さない
です。

次回も・・・その他のステッカー類について、お話していきたいと思います・・・・

「しつこい」と、思われるかと思いましたが、励まして下さった読者の方もいらっしゃいましたので、
この件(メーター戻し)に関しては、とことん、紹介して行きたいと思います。

P.S. gaballさん、いつもありがとうございます。




あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






こうやって見分ける!メーター戻し・・・←前の記事 

次の記事→もっと見分ける、メーター戻し


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法


こうやって見分ける!メーター戻し・・・

走行距離改ざん、距離メーター戻しについてお話しています。

今回は私が、オークションで仕入れをする時に見分けている所を紹介したいと思います。

悪い業者が、この記事を読んで、警戒する恐れがあるので、あまり紹介したくなかったのですが、優良な我がブログ読者の皆さんを守るために、 素人でも分かりやすい所を何点かご紹介したいと思います。


はげみになります 人気blogランキングへ プチっとお願いします



 

私が仕入れたい車や、下取り、買取希望の車を見る時、最初に見るのは、整備記録簿です。

これについては、以前にも紹介しましたので、こちらを参照して下さい→

以前に紹介した事以外にも、記録簿を見る上で改ざん等を見分けるポイントがありますが、余りに細かいので、 後々少しづつお話して行きたいと思いますので、今回は省略します。

今回は、皆さんの興味が多いと思われる、実物の車を見た時の事について紹介しましょう・・・・

キーワードは、 不自然な部分を見つける

と、いう事です。

私が記録簿の次に見るところは、足元のペダル部分です。

今までの経験で、明らかにメーター戻しをしていた車のほとんどは、メーターの距離に見合わない、

  • 荒れた状態のペダルばかりか、
  • 既に交換していてキレイなペダルでした。

荒れた状態のペダルとは、 車種にもよりますが、距離が少ないのに、既に靴が当たる部分のゴムが擦り切れていたりする事です。

皆さんも、今自分が乗っている車のペダルや、家族や友人の車のペダルをのぞいてみて下さい。
それを見て、距離とペダルの状態を参考にしてみましょう。

中古車屋さんの店頭で展示車を見に行って勉強して来るのも良いかも知れません。

新車からずっと乗っていた、ワンオーナー車のペダルが本物ですから、それと見比べてみましょう・・・ 明らかに不自然なペダルの車が見つかるかも知れません。

見つけた場合、 整備記録簿がしっかりしていない車なら、私は仕入れたり、下取りや買取はしない事に決めています。

既に交換していて、きれいなペダルの車の場合は、どうして警戒するのか?
キレイなら良いのでは?と思えますが、次に紹介する理由で、私は警戒しています。

例えば、5年落ちで、走行が5万kmの車の場合・・・
普通なら、ペダルのゴムなど交換しないでしょう。

通常の使用なら、ゴムが切れるような距離でないのに交換していたら、なぜ交換したのか、不思議な事です。

このブログを読んで下さっている皆さんの中で、ペダルのゴムを交換した経験のある人はどの位いるのでしょうか?

ちなみに私は、自分の車のペダルゴムを交換した事は一度もありません。

違う可能性ももちろんありますが、走行距離を戻した事を気付かせない為にペダルのゴムを交換した可能性があります。

きれいなゴムに交換したばかりで、オークションに出品されていれば、ますます疑わしいと思います。
オークションに出品する直前に、わざわざペダルゴムを交換する人はいないに等しい事と思います。

確実に、距離を戻していると確証はありませんが、怪しいものには手を出さないのが得策と、 私は思っています。

ペダルの話だけでこんなにスペースを使ってしまいました。

次回も、私がメーター戻しを警戒して、チェックしているポイントについてお話しても良いのでしょうか?

(長くなってしまいそうで・・・怖いのですが・・・・)

次回まで、考えてみたいと思います。





←前の記事  次の記事→


自動車検索サイト一覧 自動車検索サイトを集めてみました



あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへプチっとお願いします


車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法



謎は解けましたか?こんな車が距離を戻される・・・

前回、私が謎は解けた・・・・
と、お客さんの言葉を紹介して、今回に続きました。・・・・

前回はこちらを参照→

貴方は、答えが分かりましたか?

前回は→
うちの会社に来たお客さんとの商談中に、
下取りの金額を、普通なら無理な金額を希望されて、
「無理な金額です」と、私がお話したら、

別の車屋で、もっと高く査定してもらった。という話をお客さんがしてきて・・・

その言葉から、なぜ?その車屋が高い査定金額を提示できたか?
その謎が解けた・・・・と、お話しました。

その言葉を振り返ってみます・・・

「最初は、〇〇(前出の車屋)さんでも、最初は下取りは5万円って言ってたけど、 新車を買って、ずっと乗っていた、と言ったら、最終的には17万円と、言ってくれたんだよ!」

この言葉、のどこ?が謎を解く言葉なのでしょう?・・・・



それは、 新車を買って、ずっと乗っていたという所です。

これは、皆さん、分かりやすかったのではないでしょうか。

そして、この先、メーターを戻してお客さんに売るのだろう・・・という事も予想された事でしょう。

それは、悪い車屋が昔から、やっていた手口です。

しかし、最近は、売り先が違うんです

最近の(流行?)は、メーターを戻して、業者オークションに出品するのが多いんです。

前回までに、お話してきましたが、業者オークションでは、一度オークションに出品した事のある車なら、 前回出品した時の走行距離データーが残っています。

その距離よりも少ない距離を申告して、出品すれば、すぐに嘘がばれてしまいます。

ポイントは、一度オークションに出品した事のある車なら、走行距離のデーターが残っている。という所です。

これを、言い方を変えれば、
一度もオークションに出品していない車の、走行距離のデーターは、オークション会社は持っていない・・・

走行距離を、 いくらに戻して出品しても大丈夫(?)、 と言う事です。

新車からずっと乗っている車(ワンオーナー車)は、悪い車屋にとっては、 もってこいの車なのです。

新車から乗っているのですから、オークションに出品されている事は無い訳です。

当然、走行距離メーターを何kmに戻して出品しても、オークション会社には、分からない・・・訳です。

私は、お客さんとの会話の中で、
先に商談してきた車屋が、最初から、メーターを戻してオークションに出品するつもりだ・・・
と、予想しました。

もちろん、オークションではなくて、一般のお客さんに販売した方が、利益は多く取れると思いますが、 店頭販売するより、業者オークションに出品する事は、悪い車屋にとっては色んなメリットがあるのです。

箇条書きで(一部を)紹介すると・・・

  • メーターを戻して展示すると、前のオーナーに見られた場合ばれてしまう恐れがある。
  • オークションの場合は、換金がすぐできる。
  • クレーム期間がすぐに終わるので、クレームに対してのリスクが少ない

そして、私が考える、悪い車屋にとって、業者オークションで売りさばく、最大ののメリットは、これだと思います。

実際の車を見ないで買う、業者が多い事です。

最近は、業者オークションもインターネットの普及で、小さな整備工場などでさえ、オークションの会員になっています。

欲しい車が、遠方に有った場合、現車を見に行くのには経費が掛かります。

常に車を仕入れている業者が、現車を見て買っても、失敗する事がある位、オークションから車を仕入れるのは難しいものです。

整備工場の場合や、自社工場を持っている車屋などは、落札後に、車に多少の不具合が見つかっても、どうせ自分の所で修理すればいいや・・・ てな感覚で、オークション会社が作成する「出品票」のデーターだけを頼りに、 落札するケースもたくさんあります。

昔からのベテランの車屋は、当然、色んな経験を積んでいます。

オークションは、昔は、今よりももっともっといい加減なところがたくさんありました。

メーター改ざんも、戻した距離×1kmあたり1円のペナルティーで済みました

5万kmも戻しても、5万円で済んでしまったのです。

そんな時代から、経験を積んでいた人は、どんな所を注意して車を仕入れているのでしょうか?

次回は、私の(メーター戻しの)見破り方 を含めて、私よりもベテランの車屋さんや、仕入れ担当スタッフ、 又はオークション検査員からメーター戻しについて、聞いた話しを紹介したいと思います。




あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






こんな車を買ったら、最悪・・・ ←前の記事 

次の記事→こうやって見分ける!メーター戻し・・・


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法


こんな車を買ったら、最悪・・・

前回から、 続いております。

走行距離メーター改ざんについて、話しています。

前回の内容を要約すると・・・

業者オークションに出品する時に、既に走行距離を戻して出品している車がある事、そして、出品者以外は気が付かない・・・・

前回のオークション出品時の走行距離を調べる事ができれば、その時の距離まで戻しても、不正を暴かれる事は、実際には不可能に近く、 気付かずに落札してしまい、一般のお客さんの手に渡ってしまう・・・・

この様にお話しました。

今回は、不幸にもメーター戻しの車を、買ってしまうと、大変な事になる・・ ・
について、話して行きます。
そして、対処法についての話、もっとも悪い車屋が喜ぶ車の話へ繋げて行きたいと思います。
(次回に続くかもしれませんが・・・)


普通(?)の、メーター戻しのパターンは、

例えば、オークションで、走行7万kmの車を仕入れてきて、
メーターを5万kmに戻して、販売し利益を上げる・・・
このパターンが、昔から多くあったパターンです。

前回紹介した新たな手口は、

お客さんから下取りや買取をした車のメーターを戻して、
オークションに出品し、不当な利益をあげると言うものです。

知らないうちに、こんな車を仕入れてしまった車屋は・・・

メーター戻しの車と知らずに販売してしまい

後に不具合が出たりして・・・

車屋も、買ったお客さんも被害者である事例なのです



後にどんな不具合が予想されるか?
タイミングベルトを例にあげれば・・・・

普通なら、10万kmまでタイミングベルトは交換しないでしょうから、
3万km戻した車の場合、メーターが10万kmになる時には実際は13万kmです・・・

タイミングベルトは切れてしまうでしょう・・・・

タイミングベルトが切れた場合の修理代は、
かなりの高額が予想されます。
中古のエンジンを見つけて、交換した方が安上がりでしょう・・・・

メーター戻しとは、本当に怖いものです。

悪い車屋は、こんな場合はどうするのでしょう?
先にあげた、 例の3万kmを戻した車を販売して・・・
7万kmになったあたりで、お客さんに、車検を頼まれたりしたら、
タイミングベルトの交換を、どう言って勧めるのでしょうか?

悪い車屋と、いえどもやりづらいと思われます。

その手間を考えると・・メーターを戻した車をオークションに出品して、売りさばいた方が、楽なのです・・・

数ある車屋の中には、販売した後のアフターサービスに消極的な所や、 いっさいアフターをしない所があります。

この場合のアフターとは、購入後の車検、オイル交換、 ぶつけた場合の板金塗装などの事です。

そんな車屋に、仕事を依頼すると、
「うちは、買ってさえもらえば良いので・・・購入後はお客さんの好きな所へ頼んで下さい。」
などと言うようです。

私の地元では、私の知る限りメーター戻しをしている車屋のほとんどが、 実際にこの様に対応しているようです。

しかし、メーターを戻して、オークションで利益を得るのには、車をオークションで仕入れていては、成り立ちません。

メーターを戻す車は、どうやって仕入れるのか?

下取りや、買取をして仕入れるしかありません。

ここがクセモノなのです。

これだけ、中古車買取専門店が、たくさんあるのに、
小さな車屋でも、現金買取の看板をあげている所があります。

小さな車屋が、不正をしている、とは言いません・・・
規模に関わらず、どんな車屋でも現金買取をやっている所に注目して欲しいのです


車の保証についてお話していたのですが、突然、この話題に触れたのには、訳があります。

先日、私が店頭で商談したお客さんに、言われた事がきっかけでした。

店頭に展示していた車の商談をしていて、最後に下取り車の話になったのですが、
お客さんの下取り希望金額を聞いてみたところ、
とても、無理な金額を言われました。

私は、「ちょっと無理な金額です。」
と、答えると、

お客さん、「さっき行った、〇〇と言う、車屋さんでは、 17万円で下取りしてくれるって言ってたよ!」
と、言われました。

その車は、9年落ちの軽自動車で、走行距離は12万kmを走っている車でした。
しかし、オートマで、フル装備、5ドアで、12万kmには見えない様な、きれいな車だったのです。
そして、車検も1ヶ月前に取ったばかりのくるまでした。

お客さんは、車検は受けたが、仕事が変わって荷物を積む関係で、大きい車が必要になってしまった、との事情でした。

最近のお客さんは、カマをかけて、高い下取り金額をふっかけてくる人もいますので、その手の人か?と思いましたが、 お客さんの一言で、謎が解けました・・・・・・

その言葉とは?
「最初は、〇〇(前出の車屋)さんでも、最初は下取りは5万円って言ってたけど、新車を買って、 ずっと乗っていた、と言ったら、最終的には17万円と、言ってくれたんだよ!」
私はこの言葉で、謎が解けました・・・ ・・

皆さんも、分かりましたか?

次回に続かせていただきます・・・・(←もったいぶんな!ってつっこまないでね。 本当は疲れて眠いので次回に続かせただけです。)




あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






メーター戻しを車屋も知らずに落札する、こんな原因←前の記事 

次の記事→謎は解けましたか?こんな車が距離を戻される・・・


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法


メーター戻しを車屋も知らずに落札する、こんな原因

購入後の保証について、お話していましたが・・・・・

このブログでも一番アクセスの多い記事は、走行距離の改ざん(メーター戻し)についてです。

今日の仕事中に、お客さんと商談していて、気になる事がありましたので、
今日はメーター戻しについて、お話したいと思います。

プロの車屋も気が付かないで、 業者オークションから走行距離メーターを戻した車を落札してしまう事があるので、 その事を中心に、どうやって対処するか?についてもお話していきたいと思います。

今回のお話は、もちろん悪い業者が、 儲けるために行う事なのですが、

メーターを戻している車にも関わらず、

業者オークションの検査員も気が付かず


落札した業者でさえ、 知らないで落札してしまうので、

最終的には、 何の罪のない一般のお客さんも、 気が付かないで買ってしまう・・・
という、非常に悪質な事なのです。

しかも、私が見ている範囲では、最近は特に増えてきていると思います・・・・

オークション会社は、走行距離を確認する手段を持っているので、ありえない事だ!

と、異論を唱える人(車屋)も、いると思います。

確かに、現在は、オークション各社がデーターを共有して、
一度オークションに出品した時の走行距離を、車体番号と合わせてデーターを残しています。

一度オークションに出品された事のある車は
前に出品した時の距離より少なくする事は、出来なくなりました

しかし、こんなメーター戻しは可能です。
例えば、
3年前に、5万kmの時に出品された車で、実際は、3年間に3万kmを走行し、合計8万kmの車なのだが、 1万kmだけ走行距離メーターを戻して、7万kmの車として出品する事は、可能です。

可能ですし、メーターを戻した事を、オークション会場で、見抜く事はほとんど不可能です。

例にあげた手口で出品された車を、優良な車屋が落札した場合でも、
不正を見抜く術が無いばかりか、気が付かないまま販売されてしまう事でしょう・・・・



これを逆に、利用する事が、多い訳ですが・・・

一般的な手口なので、省略しようと思いましたが、
知らない人がいる事も考えられるので、
念のため紹介します

ただ、やみくもにメーターを戻すのではなく、以前のオークション出品時の走行距離を調べて、その時の距離より、 微妙に多い距離まで戻す・・・と言う手口です。

例えば2年前の出品データーが3万kmの車で、1年後の走行距離がちょっと多く走って、本当は5万km・・・
でもこの車の走行距離を、3万km以下にさえしなければ、不正は見抜けません・・・・

実際に、中古車販売店が売れなくて、1年以上も在庫車にしている事もありますので、 以前の出品時の距離より少なくなければ、大丈夫な訳です。

業者オークションの、出品リストだけを見て落札すると、こんな出品車を気付かずに落札してしまう事があります。

実物を見ても、分からない場合も多いです・・・・・・

しかし、上記のパターンはまだ序の口なのです。

もっとメーターを戻しても

不正を気付かれない車があります。

その事と、対処については、次回に紹介していきます。




あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






ネットオークションも生き残りをかけて・・・←前の記事 

次の記事→こんな車を買ったら、最悪・・・


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法


有る無しで、これだけ分かる!便利な・・・

オヤジギャグを織り交ぜて、お届けしておりますが・・・・・

話が反れてばっかりで、突っ込まれる前に、購入法に戻りたいと思います。

「何で変な車屋が、出来上がるか」
を、予備知識として、頭に入れてもらうと、後の話が理解し易いと思って、長々と説明してしまいました。

「走行距離を、ごまかしている車の見分け方」を、いくつか紹介して行きたいと思います。

よく、聞く話ですが、見分け方として、
「シートのヘタレ具合(シートの程度)」
「ステアリング(ハンドル)や シフトレバーの程度」
を、見ろ!
と言うのがありますが、確かにシートやハンドルがこすれて、ハゲていれば、相当使い込んでる目安にはなりますが、

悪い業者は、そんなバレバレな事はしません。


そんな車の距離を戻すときには、こすれて程度の悪い所は、
部品を交換してしまいますので、
見ただけでは分かりません。

ガセビアの沼に沈めましょう・・・・

もっとも、距離を戻す車は、走行が多いのにきれいな車を戻すんですよ。
その方が元手もかからず簡単でしょう?

では、一番分かりやすい整備記録簿の有る無しでの判別を、お教えしたいと思います。

最近、雑誌やネットで、整備記録簿の確認を推奨しているので
、 店頭で、確認されるお客さんが増えて、まともに商売している私の勤務先などは、 この傾向を喜んでおります。

しかし、私も店頭で接客すると、知ったかぶりのお客さんが多くて、笑っちゃう事もしばしばあります。

スタッフに「このお客さんには、きちっと説明しよう」と、思わせてみましょう・・・

まずは、車を見せてもらった時に、
さりげなくグローブボックスを開けてみましょう

整備記録簿が入っているか、確認しましょう。

入っていない場合は、

「整備記録簿は、有りますか?」
と、これもさり気なく言ってみましょう。

「あっ、ちょっと無いですね・・・・有った様な気がするんだけどなぁ・・・」
など、曖昧な返事をする店はちょっと疑ってみましょう、
また、店側は良いのだけど、応対したスタッフがテキトーor低レベルかも、知れません。

「記録簿があれば、メーター戻しなど見分けられるし、
前のオーナーさんの手入れの良し悪しが分かると、雑誌などで読んだもので・・・」
なんてことを、少しハニカミながら、質問してみましょう。
さらに、
「すいませんが、あまり車に詳しくないので、雑誌で読んでも、全部理解できなかったんです・・・教えてもらえませんか?」
なんて、お願いしてみましょう!
自動車屋のスタッフは、多少なりとも、車に詳しいと思っていますので、
喜んで説明してくれるでしょう。

悪い見本としては・・・
車内に記録簿が無くて
客「記録簿ないの?」
スタッフ「はい、残念ながら・・・(と説明を始める)」
(スタッフの説明をさえぎる様に)
客「じぁ、メーター戻してるかも知れないんですね、この車!」

なんて言ったら、スタッフに、情報に埋もれた頭でっかちな客と思われてしまいますよ!

スタッフの説明の良い例は、きちっとした態度で
「この車は、ディーラーより下取り車を仕入れまして、出所ははっきりしているのですが、 前のオーナーさんが、氏名など知られたくなかったのか、取り外してしまった様です」

なんて、具体的に話した場合は、不正はない と、かなり信じてOKです。
しかし残念ながら・・・
厳密に言えば、記録簿が無ければ走行距離を100パーセント証明は出来ないので、 見極めは慎重に・・・

通常は、メーター戻しをする業者は、
記録簿が有る場合は、処分しちゃうことが多いようです。

もちろん、現在のメーターより多い距離が記載された、整備記録があっては不正がバレてしまいますものね・・・・

次回は、もっと踏み込んで、記録簿がある場合でも、

記録簿までも改ざんされている事も少なくないので、

次回ウソの記録簿と戦ってみましょう!

これを知らないから、あなたは騙される!(記録簿編)
へ、つづく・・・




あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへプチっとお願いします



←前の記事  次の記事→


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法



走行距離の改ざんから、身を守れ!

前回のブログに書いた内容で、

中古車販売店でなくとも、オークションの会員になれる
と、書いたことに、
「そんなことない!」って、つっこみ入れる人がいるかもしれないので、
補足説明を、させてもらいます。

先日、知り合いで、オークション会社の会員になりたい人がいまして・・・

以前は某ディーラーで、新車のセールスをしてたのですが、

今は、ディーラーを辞めて、
ブローカー&自動車保険(損保)の代理店を自宅で営んでいます。

今までの仕入れはは、仲の良い同級生が中古車店を経営していたので、
その人に頼んで、オークションから車を仕入れてもらっていました。

ディーラーを辞めてから一年以上たっているのですが、
今まで頼んでいた、同級生が、中古車屋を廃業してしまったので、

今度は、自分で仕入れる必要にせまられ、
会員にならなければならなくなりました。


彼の、メインの収入は、損害保険の方で、
普通の建売の一軒屋で営業していて、自動車販売の店舗を持っていません。

オークション会社に申し込んだところ、
申込書に展示場の写真を付ける様に言われて・・・

慌てて、自宅の駐車場に、
自分と家族の車と、親戚や友達の車なんかを借りてきて、
プライスカードも、これまた知り合いの自動車屋から借りてきて・・

中古車屋の展示場っぽくして、写真を撮っていました。

車体の前半分ほどが、道路にはみ出ていて、
撮った本人も大笑いしていましたが、
その写真で、めでたくオークションに入会する事が出来ました。

オークション会社も、名目が欲しいだけで、
即席の展示場なのは百も承知です。

この例をみても、極端な話、自動車屋じゃなくても、
「入会は可能だ」ということで、

趣味で入る人はいないと思うので
(毎月会費も取られるし・・)
自動車を商売で売りたい人しか入会は申し込まないでしょう。

さて、前回予告しました走行距離の話に入ることにします。

中古車を購入してからのトラブル(購入者がだまされる)の、
横綱と言えるのが、走行距離メーターの改ざんでしょう。

今でこそ、詐欺に問われますが、以前は甘いものでした。

オークションから購入した車の走行距離が改ざんされているのを、
証拠をつかんでオークション会場にクレームを入れて・・・

確かな確認を取れた場合でも
オークションの中でのペナルティー(罰金)は、
(警察に捕まる訳ではありません、落札者に払うお詫び的なものです)

改ざんした距離1kmあたり、1円だったのです
(それ以前は、ペナルティーにもならない時代もありました)

5万kmもごまかしても、たった5万円で済んだのです。
本当は12万kmなのに、7万kmに改ざんしても、
5万円払えば良いことになります。

12万kmの車と7万kmの車では、
仕入れの時点でも5万円より、ほるか遠い差額を出さないと仕入れられないのは、
シロウトの方でも、容易に想像がつくと思います。
(悪い業者がオークションに集まりだした頃のお話です。)

さて今では、パソコンを使って、
ネットでオークション出品車を検索して、
現車を見ないで仕入れする業者もたくさん増えました。

以前は、オークションの仕入れのリストなど、
前記の様に100パーセント信用できる物ではないし、

インターネットも普及しておらず、
前日に出品車のデーターなど見れなかったので、
良い業者は必ず現車を見て仕入れていました。

メーター戻しがされていないか?
細かく確認して仕入れていましたが・・・

それでも、落札してから何日かしてから、
距離改ざんを発見する事もありました。

苦い経験を何度もすると・・・
だまされない様に、見るべきポイントが分かって来る様になりました。

もっとも・・・
当時も会場で渡される、出品リストの表だけ見て、
面倒くさがって、現車を見ないで買っている業者もいましたし、

現車をみても、勉強する気がない人などは、
間違ってなんども不具合のある車を落札している事も度々見かけました。

当時は 仕入れは自己責任!

もちろんクレーム受付期間もありますが、
今よりも期間が短く、
今ではクレームになる事が、
当時はクレームにならない

事もたくさんありました。

プロでなければ、良い車はオークションからは仕入れられませんでした。

今でも、本当のプロ中のプロは、
良いものを仕入れていますが、

良いものは落札したい人が重なることが多く・・・
値段が上がってしまう傾向にあります。

そこで、悪い業者は、お客さんからの注文で仕入れる時など、
お客さんから言われている条件で、

車種やグレードの条件はごまかせないので、

走行距離をごまかすのに手を染めてしまうのです


もちろん、仕入れも安く上がり、利益も多く取れますし・・・・・

お客さんは、もちろん安くて良い物を希望しますから・・・

悪い業者には、条件が厳しいでしょう・・・

私たち(前記でプロと表記)は、
色々見れば高い確率でメーター改ざん車は分かりますが、

シロウトの方が判別するのには、少々お勉強が必要です。

今は、走行距離のメーターが、
デジタル表記になって距離は戻せないのでは・・・と、思っている方!

私の会社にもFAXで

「メーター修理します」
という名目で、

(実質は)走行距離を戻す、業者の案内がしょっちゅう届きます

デジタルメーターなど部分的に点灯しなくなった部分を修理します。
という事ですが、

修理業者に悪意はなくても、
こちらからメーター修理を頼むときに、
「走行距離の表示が壊れています、9万kmになっていますが、
実際は6万kmです。修理してください」

と、依頼すれば、

9万kmのメーターが6万kmに修理(??)

されて、戻ってきます。

これを、取り付ければ9万kmの車が6万kmに変身しました。

もっと簡単なのは、中古パーツ屋さんから
同じ車種の走行の少ないメーターを仕入れて付け替えれば、
一丁あがりです。

もっと、別な方法もありますが、方法についてはこれくらいにして・・・・

本当は、近い地域の同業者ならば、
どこの業者が距離を戻しているかは、だいたい分かっていると思います

お客さんには、よほど親しくならないと教えてはくれません。
逆恨みされると面倒だからです。

なんで?分かるかというと、
同じオークションから仕入れている会社ならば、簡単です。

その会社がオークションで仕入れた車が、
実際、店頭に並んだ時の表示を見れば分かってしまいます。

オークションで落札したときの距離と、
店頭に飾ってあるときの距離が違えばすぐに分かりますよね。

わざわざ、店頭に行かなくても、
情報誌に在庫車が載っていれば、もっと簡単ですよね。

以前、常に3万kmくらい戻している会社の社長さんが、
10万km戻している会社を批判しているのを聞きました。
後に記事にしました。↓
走行メーター戻し 懲りない面々

私に・・・
「あそこの会社はひどいよね、メーターの10万の位の1を取っ払っちゃうんだから、戻しは3万km位までだよねー、うちなんか、実際は10万km超えの車は、 タイミングベルトは交換してるんだよ、良心的でしょ」

なんて、話かけられた事がありました。

私からすれば、どちらも同罪!と思います

では、一般人の皆さんがメーター戻しを見分けるにはどうするか?・・

長くなったので・・・
次回に続かせてもらいます。




あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






悪い中古車販売店が、出来上がる理由とは?パート2←前の記事 

次の記事→有る無しで、これだけ分かる!便利な・・・


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法