TOP > 保証について

保証について

【中古車購入の注意点】2種類有る中古車保証をチェック

自動車の修理

皆さんは、中古車を買うときに、
保証って気にしていますか?

最近では、
長期保証を提供している中古車販売店も多くなって来ていますね。

しかし、
中古車保証には2種類ある事をご存じでしょうか?

その実態を知っている人がどの程度いるのか?
私は、気になってしまいます・・・・。

皆さん、ご訪問ありがとうございます。
当サイト「車屋の私が・・・」
管理人のcarsuta(カースタ)です。

今回は、
中古車の保証について、お話ししたいと思います。

中古車の保証期間をチェック!

まず・・・

保証の期間についてですが、

これは、車に詳しい人じゃ無くても、
分りやすいポイントですよね。

3ヶ月という短い期間から、
最近は、10年保証を提供している中古車販売店も登場していますね。

期間については、
長い方が、良いに決まってますよね。

中古車保証には、2つの種類がある

次に、
保証は、どこが保証してくれるのか?

「それは、購入した中古車販売店が保証するに決まってるじゃん!」

と、思っている方が多いと思いますが・・・

中古車の保証は、
全て、中古車販売店が提供している訳ではないのです。

昔は、
全て、中古車販売店が、独自に保証を提供していました。

しかし、10年ほど前から、
保証会社が提供する、
中古車保証システムが、登場して来ました。

つまり、
中古車の保証には、2つの種類がある・・・という事です・

2種類の中古車保証の見分け方

では、
2種類ある、中古車保証の見分け方を説明します。

見分け方は、簡単です。

無料か?有料か?
で、見分けがつきます。

無料の場合は、
中古車販売店が、独自に保証する、
昔からある中古車保証のシステムです。

そして、
有料の場合・・・保証会社が提供する
中古車保証システムになります。

中古車販売店で、保証の手続きをした場合でも、
有料の場合は、保証会社のシステムになります。
中古車販売店は、あくまでも保証会社の窓口になっているだけです。

保証会社の中古車保証を利用した方が良い人は?

では
2種類ある、中古車保証のどちらを選べば良いのか?

という話になりますよね。

もちろん保証は長い方が良いに決まってます。

では、
保証会社を利用するのが良いって判断になるのか?

しかし、
保証会社の中古車保証は、有料である事が悩ましいポイントですよね。

そこで・・・

私なら、
この保証会社のシステムを、
「安心に対する料金」
と、考えてみるとスッキリすると思うのです。

保証会社の中古車を利用できたのに加入せず、
後で、大きな故障が起きて、
多額の修理代がかかってしまった・・・

そうなってしまったら、
誰もが、保証に加入しなかった事を後悔するでしょうが・・・

その中でも、
自分が、激しく後悔するであろうと思う方は、
保証料を払って、長期保証を利用するのが良いと思います。

保証会社を利用しない方が良い人は?

逆に・・・

せっかくお金を払って、
保証会社の中古車保証を利用したのに、

何も、故障が起きず、
保証料がもったいなかった・・・

と、後悔する人なら、

保証会社の中古車保証を利用しない方が良いと思います。

それに・・・

保証会社は、
保証料によって、利益を出している事になります。

ですから・・・

加入している人への、
保証した金額よりも、保証しなかった金額の方が多いのです。

この事は、確率の問題ですが・・・・

このポイントを考えて、
もったいないと思う方も、

保証会社の中古車保証は、利用しない方が良いと思います。

まとめ

中古車販売店が、独自に保証する場合は、
なるべく期間が長ければ良い・・・

という事で、判断は簡単ですが・・・

保証会社が提供する中古車保証については、
その保証料が悩ましい所です。

その場合は、
保証に対しての自分の考えを確認する事が大事だと思います。

また、
故障が起きてしまった場合、
自分が、どの様に思うのか?

想像してみる事も、大事だと思います。





あなたのポチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします


imageox






【中古車購入のコツ】スマホで中古車を買う時は ←前の記事 

次の記事→



↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法




自動車保証・自動車保険、このキーワードに注意

チェックしよう

当サイトへのご訪問ありがとうございます。

「車屋の私がお客になったら」
管理人のcarsutaです

なんだか、低気圧が日本海に進んで、
急速に発達するとかで、
全国的に、大荒れの天気になるそうです。

私の住んでいる地域は、雨が降り始めましたが、
皆さんは、いかがお過ごしでしょうか?

本日、お話しするのは・・・

意外な事に、勘違いしている人や、
間違った理解をされている方が多い事・・・

自動車保証や、自動車保険に使われる言葉・・・
「免責」について、お話したいと思います。



免責とは?

この、「免責」については・・・

私から車を買って頂いたお客さんの中にも、
きちっと理解されていない方が、
たくさんいますので

私は、
自動車を販売したときに、詳しく説明する事にしています。

きちんと理解されている方には、
「免責について知らないと思って、バカにしているの?」
なんて、怒られてしまう事も度々あるのですが・・・

まず、免責という言葉について、
辞書から引用しますと・・・
「責任を免じること。責任を問われるのを免れること。」
と、記載されています。

「免責」を具体的に説明してみましょう

ちょっと分かりづらいので、
自動車の保証に当てはめてみたいと思います。

たとえば、
中古車販売店の保証で、「故障の場合、免責5万円」と記されていたとします。

この場合、
故障修理の金額が、5万円以下の場合、
自動車販売店は、1円も修理代を出してくれない・・・という事になります。

9万円の修理代が掛かる場合は、
自分で5万円を支払い、差額の4万円を、中古車販売店が払ってくれる・・・
という事になります。

また、金額だけでは無く、
期間的な免責がある場合もあります。

特に、最近増えている、
自動車販売店が保証するのでは無く、
保証会社が保証する場合に、多いのですが・・・

免責が3ヶ月というものがあります。

これは、購入後3ヶ月(または6ヶ月)は、自動車販売店の保証を受けて、
販売店の保証が切れてから、
保証会社の保証が適応になる・・・という物です。

この、「免責」という言葉を知らないばっかりに、
保証を受けられると思っていたのに、
保証されなかった・・・というトラブルが増えています。

自分が自動車を購入(特に中古車の場合)
どんな内容の故障に対して保証が受けられるか?
だけではなく・・・

どんな「免責」が、記載されているのか?
保証書などを、詳しく確認するようにしてください。

「免責」について、知っている人には、
当たり前の事なのですが、

知らない人にとっては、
どんな事なのか?分かりづらい場合も有ります。

また、自動車の保証だけではなく、
自動車保険にも、「免責」が、必ずありますので、

知らなくても恥ずかしい事ではありませんので、
保険証の内容を、詳しく確認してみて下さい。

免責の項目をチェックして下さい

最後に、今回の話をまとめてみます。

自動車(特に中古車)の保証内容に、
「免責」という言葉があれば、

その部分は、保証されない・・・
という事です。

自動車保険の場合も、
同じく、「免責」という言葉があれば、

その部分は、保険がきかない・・・
という事です。

これから、自動車を購入したり、
自動車保険に入る人は、

何が「免責」になっているか?
きちんと確認してから、契約するようにしましょう。

また、すでに、
自動車を購入した方や、自動車保険に加入されている方は、

何か「免責」になっているのか?
今からでも、一度確認してみる必要があると思います。

今回の話・・・
キーワードは「免責」でした。

「免責」について、
きちんと理解して下さいね。






あなたのポチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします


imageox





フォルクスワーゲンの排ガス不正問題に思う事 ←前の記事 

次の記事→



↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法




中古車販売店が保証しない、中古車保証に注意!

保証に注意!

お久しぶりでございます・・・
暑かった今年の夏も、終わりに近づいて来ましたね。

会社の展示場に出るのが、
地獄のような日々だった・・・

当サイト「車屋の私がお客になったら」
管理人のcarsutaです

皆さんは、どんな夏の過ごし方をされたのでしょうか?

今回は、
題して、中古車販売店が保証しない、中古車保証に注意!
というタイトルで、

ここ数年、一般的になってきた、
中古車の保証について、お話ししたいと思います。



新しい保証が登場しています

中古車を買った後の保証って、
以前は、購入先の販売店が、直接保証する方法しかありませんでしたが、

8年ほど前から、
保証を専門に扱う、中古車の保証会社が登場してきました。

カーセンサーのアフター保証などが、
有名ですね。

新しい保証の注意すべきポイント

この、保証について、
2つのポイントに注意してほしいのです。

ひとつ目は、
この中古車保証・・・
中古車購入の費用とは別に、料金が発生します。

ですので、保証を受けると言うよりも・・・
「中古車の故障に対しての、保険に入る」
と、考えて下さい。

次に、2番目のポイント・・・

保険に加入するのですから、
「保証内容を詳しく確認」してほしいのです。

新しい保証を理解していない中古車販売店が…

この、保証内容・・・

中古車販売店側が、
きちんと理解していない場合が少なくありません。

なので、
口答では無く、必ず、契約書に記載されている事だけを信じて下さい。

購入後に、故障が発生し、
保証を使って修理しようと思ったら、

保証会社に、「保証の対象外です」と言われてしまった。

中古車販売店の、セールススタッフは、
その故障も、保証されるって言っていたのに・・・

車を買った時に、
○○も、保証されるって言ったでしょ!
と、中古車販売店に言ってみたら、

「保証は、保証会社が行うので、そちらに言って下さい」
と、対応されてしまった・・・・

こんな事例を、
何件も聞いていますので、

善良なる、当サイトの読者の方々は、
そんな事にならない様に、お気を付け下さい。

失敗しない保証の利用法

ポイントを整理します。

中古車の保証を、
保証会社の保証に加入する場合・・・

「保険に入るのだ」と考え、
保証内容(契約内容)を、
口答では無く、文書の中身を確認する。

という事を、必ず実行して下さい。

中古車の保証会社は、
たくさん存在します。

A社では、保証の対象になっているのに、
B社では、保証されない・・・

また、

保証が開始される(保証が適応される)のが、
購入後、すぐでは無く、

購入してから3ヶ月が過ぎてから・・・

という保証会社も多くあります。

これは、
3ヶ月は、中古車販売店が保証して、

販売店の保証が切れてからの、
延長期間だけを保証する・・・

という事が、
保証の目的になっている保証になります。

様々な保証会社が、
沢山の保証プランを提供しています。
(これも保険と同じですね)

中古車販売店が、
どの様な保証会社と提携し、どんなプランを提供しているのか?

よく確認してみて下さいね。






あなたのポチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします


imageox





ヤフオクの中古車オークション発展は、時代の流れ? ←前の記事 

次の記事→



↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法




オーディオの保証は?中古車購入の注意点

今回は、中古車購入時に注意して欲しい事。

購入後の保証について、お話したいと思います。

以前には、

と、購入後の保証についてお話しましたが、

今回は、

中古車購入後、オーディーやナビゲーションが壊た時の保証について

お話したいと思います。



私の会社でも、(中古車)購入後に、
全て、無料で直してもらえると思って、何でもかんでも、持ち込んでくるお客さんは少なくありません。

私としては、この対応次第でお客さんの信頼を得る事ができる
チャンスだと思って、私なりの個別の対応をしています。

若いスタッフなどは、会社のマニュアル通りの対応をするので、
トラブルになりがちです。
私も時々、間に入って、話をまとめたりもする訳ですが・・・

その中でも、多いのが、オーディオやカーナビゲーションに対するクレームです。

えっ!当然、保証してもらえるんでしょう?

と、思っている人が多いと(私は)思いますが・・・

大多数の中古車販売店では、保証の対象とならない場合がほとんどです。
(もちろん、オーディオも保証の対象にして、それをお客さんへのアピールにしている中古車販売店も多数あります)

今乗っている車を、中古車で購入した人は、購入した時の保証書があればよく読んでみて下さい。

保証内容の中に、オーディオやナビが含まれていないか、
保証対象外の欄の中に、オーディオ・ナビが含まれている事も多いハズです。

なぜ?私がそんな事を言い切れるのかと言うと・・・

私達自動車販売会社の保証書というのは、
独自に自社専用の保証書を作っている場合もありますが、

自動車販売店向けに、色んな用品を作成しているメーカーが、
規格品の保証書を販売しており、その保証書にハンコを押して、
自社の保証書にしている会社がたくさんあり、
その規格品の保証書には、オーディオの保証を対象にしている物が無いからです。

(もちろん、世の中全ての規格品の保証書を確認したわけではありませんが、
今、私が持っている用品店のカタログにも、今まで色んな車の中に入っていた
規格品の保証書にも、オーディオの保証があるモノを見た事はありません)

今回、この件を取り上げた理由は・・・・

最近・・・店頭で商談するお客さんの中に、
オーディオやナビを全く確認したい人が増えている事に気付いたからです。

最近の車のオーディオは、確かに壊れにくくなっていますが、
故障はゼロではありません。

若いスタッフと、お客さんの間に入ってお話させてもらう時に、
オーディオや、ナビの故障で、クレームを言われるお客さん(のほとんど)が、
オーディオ・ナビ等も当然、保証の対象と思い込んで、
購入する前に、作動するかどうかも、全く確認していない場合が多いのです。

新車ディーラー系の中古車センター等で、購入時に追加料金を払うと、
オーディオに長期保証が付いたりして、有利な場合もあります。

以前の保証のお話の時にも、(私が)提案したように、購入前の確認が大事と思います。

オーディオや、カーナビゲーションも保証の対象になるのか?

購入前に必ず確認し、保証がある場合は、
保証書をもらうか、保証書が無い場合は、
契約書に記載してもらう事も、忘れずに!

今回の、ポイント

  1. 中古車の場合、オーディオや、カーナビゲーションは保証してもらえない場合が多い
  2. 購入前に、きちんと作動するかどうか?自分で動かしてみて確認する
  3. 保証してもらうのに、別料金が発生するか、確認する
  4. 保証がある場合は、保証期間・保証してもらえる内容を確認する
  5. 保証書がある場合は必ずもらう
  6. 保証書は無いが、保証してもらえる場合は、契約書に記載してもらう


上記、3・4・5・6について、(中古車販売店側に)しつこく質問した時に、あやふやな答えをしたり、
保証書の発行、保証の記載をいイヤがるような場合は・・・

購入をやめるか、壊れても直してもらえない事を覚悟して購入するか、
決断するようにしましょう。

※勘違いして欲しくないのは、オーディオを保証する所が良い中古車販売店で、
オーディオを保証しないのが、悪い中古車販売店だ、
と、言う訳ではありません。
その店、その店で、販売方法や考え方(営業方針)は、異なります。
保証が厚い中古車販売店では、価格自体が高い場合が多く、
オーディオを保証しない所は、車自体を安く販売している傾向が見られると(私は)思います。

安くて、古くて、不必要なオーディオやナビを保証してもらうより、
その分、安く車を購入して、安かった分で、新型のオーディオやナビを新たに購入する・・・
なんて、選択肢もありますので、
トータルで、自分の価値観に合うか?
検討してみる事を、提案いたします。

こちらも、以前の記事

購入後のお得なクレーム (オーディオ&カーナビゲーション編)

も、参考にしてみて下さい。




あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします







三菱ディオン 不人気車をねらえ!←前の記事 
次の記事→私も始めての経験・・・・No.1



車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法



整備渡しのこんな落とし穴・・・から身を守れ!

今回は、整備渡しの場合に注意すべき点(インチキな整備渡し)が、
どうやって発生するか?また、どうやって対処するか?について、お話して行きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

整備渡しとは、現状販売と同じく、保証は無いのですが、
納車の前に、整備を受けている点が、現状販売と異なります。

そのまま、何もしないで納車される現状販売より、
整備をしてある分、安心と、思われます。

何もしないで渡すより、整備するのですから、買う側にとっては良い事なハズです。

前回は、 ここまでお話しました。

注意点をお話する前に、なぜ?整備渡しが行われるか?
車屋側の事情について、少しだけ触れておきます。(良い例ですが・・・)

車屋側から見ても、
いくら保証をしないからと言っても、何もチェックしないでお客さんに渡すのは、車屋にとっても不安なものです。

そこで、現在の車の状態をチェックしてから、お客さんに納車すれば、故障などのトラブルを、未然に防ぐ事が出来るわけです。

  • お客さんの中には、オイルをチェックしない人も、冷却水を確認しない人も、たくさんいます。
    • ボンネットを自分で開けた事のない人も、たくさんいるでしょう・・・・
      特に、女性の場合は、多いのではないでしょうか?

そんな、車のメカに弱い人や、車の手入れをしない、乗りっぱなしの人に、車を売る場合などは、車屋側は 「お客さんが車を壊してしまうのでは?」という不安が残るのは、良く分かりますよね。

ですから、保証をしない車でも、整備をしてから、 お客さんに渡す。
という、販売方法が、ある訳です。

ここまで説明すると、ますます整備渡しは、(現状販売より)良い事と思ってしまうでしょう・・・・



しかし

注意すべき点が、たくさんあります。

注意すべき点が生まれる一番の理由は、
整備渡しの整備とは? どの様な整備をどの位行うか? 基準がありません。
あいまいなものだからです。

整備渡しの整備とは、各自動車販売店が、独自に決めているのです。

お金を払って整備を頼むのですから、どの様な整備をするのか?
きちんと見極めなくてはいけません。

整備渡しを悪用する車屋は、このあいまいな点を利用しています。

具体的には、どういったインチキをするのか、具体的に例をあげると・・・

  1. 整備を、全くしない。
  2. 整備というより、点検だけを行う
  3. 点検のみの場合、不具合箇所を整備しないで放置する
    (お客さんに対して、不具合を隠す)
  4. 整備しないで車検を通す
  5. 一時しのぎの応急処置的な事だけして、納車する
  6. 整備の資格のない者や、資格のない業者が整備を行う

全てに共通する事は、お客さんの支払う整備代金に見合った仕事をしない・・・
という事だと、私は思います。

契約前に、どの様な整備を、 どこでするのか?
必ず確認することをオススメします。

そして、整備後に、整備記録簿を発行してもらう事を、約束してもらいましょう。
どんな整備を、どこでやったか?、
素人が確認できる、唯一の物が、整備記録簿です。

  • 車検を受けるなら、法定24ヶ月(車検が2年の車なら)点検整備をしてもらいましょう。
  • 車検の残っている車なら、法定12ヶ月点検をしてもらうのが、ベストです。

このいずれかの点検整備を依頼して、拒否する車屋なら、購入するのは止めたほうが良いと思います。
(よほど、車に詳しい人を、除く)

整備記録でさえ、インチキする車屋もあります・・・

前に、整備記録簿のインチキな書きこみについてお話しています。 (こちらを参照→)

整備は、どこの整備工場が、行ったか?
その整備工場は、陸運局の指定or認証を受けているか
(指定or認可番号が記載されているか?確認をする)
タウンページ等で、実在する工場か?確認する

面倒でも、以上を確認すれば、安心でしょう

陸運局の指定や認証を受けている自動車整備工場が、
先の例に挙げたような、実際は整備をしていない等の不正を行えば、
陸運局から、指定や認証を取り消されてしまいます。
そうなると、仕事が出来なってしまうので、不正は少ないと思います。

ただし、ペーパー車検を新車ディーラーがやっていた事件などもありましたので、100パーセント大丈夫だとは、 言えないのが、(私は)残念です。

車選びは、究極のところは、お店選びだとよく言われるのは、
車屋を、どこまで信用して良いのか分りにくい・・・・・
簡単に、自動車屋が始められる、最近の自動車業界の事情が大きな原因と、
私は思います。




あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






知ってました?整備渡しとは?どういう・・・ ←前の記事 

次の記事→ネットオークションも生き残りをかけて・・・


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法



知ってました?整備渡しとは?どういう・・・

自動車の購入後の保証について(保証しない場合についても)お話しております。

前回までは、

現状販売について、お話しました。

現状販売について、最初から読む時はこちらから→

私のように、車を販売している側からすると、常識なのですが、

お客さんの側からすると、意外と分かりづらいようです。

今回は、整備渡しについて紹介していきます。

中古車販売店の店頭で、展示車の中に表示してあるプライスカード(値段を付けてあるボードのこと)には、車の走行距離や、車検の期限や、 保証の有無が書かれていると思います。

その保証内容の項目に、

  • 保証付き販売
  • 保証なし販売(現状販売)

と、もう一つ、

  • 整備渡し

という項目のある物が、多く見られます。(無いものもあります)

お客さんの側からすると、耳慣れない言葉のようです。
今まで、気付かなかった人もいるかも知れません。

この整備渡しとは? 一体どういうことでしょう?



現状販売とは、車をそのまま、なにも手を加えずにお客さんに売る事と、お話しました。

当然、一切何も整備はしない訳です。

しかし、その車が車検が無い場合は、どうでしょう?
車検を受けないと、車は乗れませんね。

現状販売の車に車検が付いていなかった場合、そのまま買って来て自分で車検を受けるなら、現状販売のままですが、

購入先の車屋さんに、車検整備を頼んで、車検を取ってもらった場合、
整備渡しとなるのです。

ただし、車屋がユーザー車検を受けた場合は、整備渡しでは無い、と、主張する車屋も多いようです。
これは、車検を受けて販売した後で、故障が起きた場合に、一切整備はしていないので、クレームは受け付けない、とする為のようです。
整備しなくても、車検が受かるのか?については、後々お話していきたいと思います。

整備渡しか?現状販売で整備無しか?
お客さんは、どうやったら見分けられるのでしょう?

それは、注文書(契約書)の中で、
整備代金を払っているか、払っていないか?
注文書を確認すれば分かることです。

保証の無い車に、車検を入れてもらった場合が、整備渡しとなるほとんどのパターンと思いますので、紹介しましたが、 車検が残っていても、注文書(契約書)の中に、整備代金が記載されていれば、整備渡しとなります。

保証は無いが、整備をしてから、車を納車する。

これが、整備渡しです。

保証は無くても、整備してあるので、安心。 

と思う方もいると思いますが、注意すべき事があります

それは・・・・・次回に紹介させて頂きます・・・・・・・・・。

P.S 
忙しいのも、ひと段落しましたので、
毎日更新して行くように、がんばります!




あなたのプチッが心の支え人気blogランキングへポチっとお願いします






やっと本題・現状販売で安くお得に、こんな方法で ←前の記事 

次の記事→整備渡しのこんな落とし穴・・・から身を守れ!


↓TOPページ・目次
車屋の私がお客になったら?! どう買う?中古車購入法